保育園留学とは?メリット・デメリットや受け入れ地域7選

保育園留学とは?メリット・デメリットや受け入れ地域7選

最新ニュースやイベント情報を配信!メルマガ会員募集中♪

読者限定プレゼントキャンペーン実施中♪
一人でも、家族とでも。ハイエースを自由にアレンジして快適な雪山ワ―ケーションへ!

ハイエースを自由にアレンジして快適な雪山ワーケーションへ!

そんな夢のような生活も、トヨタ・ハイエースのような広々とした車内空間を持つ車なら、案外簡単に実現できちゃうんです。

しかもHIACE Field Monster Packageなら専用の便利アイテムも豊富なので、一人で秘密基地に籠るような使い方も、家族みんなで家ごと移動するかのような使い方も、アイデア次第で自由自在

いつでもどこでも誰とでも、自分らしい快適なワ―ケーションが叶います。

カーライフグッズが当たります!

ワーケーションやアウトドアにも使えて、自分らしいカーライフを叶えるグッズを展開する Customizing.jpから、「TRDマグカップ」を読者の方から抽選で10名様にプレゼント!

下記の応募フォームよりご応募ください。
※応募期間:3月10日(日) 23:55まで

「保育園留学」という言葉を耳にしたことはあるだろうか?今住んでいる場所と違う地域の保育園で過ごし、親子共にその地域の暮らしを体験できる保育園留学について紹介する。全国で保育園留学を受け入れている地域も見ていこう。

目次

保育園留学®とは?

「保育園留学®」とは暮らし体験のひとつで、今住んでいる場所とは違う地域の保育園に子どもを通わせ、家族で一緒に滞在することを言う。滞在中は、その地域ならではの生活を体験でき、保育園留学の家族を迎え入れる地域は、人口創出の機会にもつながる。

保育園留学を入口として、その地域の魅力に気付き、「また訪れたい」と思う人も多い。

保育園留学は、内閣府の「一時預かり保育」制度を利用している。一時預かり保育とは、里帰り出産や保護者の仕事の都合などで、園に在籍していなくても、空きがあれば一時的に子どもを預かってもらえる制度のことだ。

保育園留学を受け入れている保育園は元々一時預かり制度があるため、保育園留学の子どもたちのスムーズな受け入れが可能だ。

保育園留学のメリット

保育園留学をする場合のメリットを見ていこう。

自然を感じる保育園で過ごせる

保育園留学ができる保育園は、どこも大自然を感じる地域だ。広々とした園庭や、海がすぐ近くにある保育園、山や田んぼに囲まれた園など、都市部ではなかなか味わえない自然との触れ合いを思う存分楽しめる。

自然がそばにある保育園で子どもたちは、海を散歩したり虫を捕まえて観察したり、冬には雪深い場所で雪国体験をしたりできる。

保育園留学を体験した子どもたちは、滞在日数が経つにつれ、自然の中で体験することを通じ、表情や感情がどんどん豊かになると感じたという保護者もいる。

親がリモートワークできる施設がある

保育園留学は短期間とはいえ、1週間〜2週間ほど自宅から離れて暮らすことは親の仕事にも影響は出てくるだろう。

保育園留学中は、家族で一緒に暮らせて滞在期間中の必需品が揃った宿泊施設が用意される。インターネット環境も整備されているためリモートワークも可能だ。

また、留学先によってはコワーキングスペースとも連携していて、子どもが保育園にいる間、親たちも普段と変わらず仕事できるだろう。

いつものオフィスを離れ、違う環境で仕事をすることは、最近注目されているワーケーションにも似ていて、大人にとってもリフレッシュになるのではないだろうか。

移住前のおためし暮らしにもおすすめ

将来子連れでの移住を考えている人にとっても、この保育園留学はおすすめのシステムだ。短期間、移住を検討している地域で暮らしてみることで、ネットや本などの情報では見えないことも知れるだろう。

また、保育園に子どもを預けることで、地域の子どもたちや親たちの様子も分かる。そして何より、子どもがその土地に合うかどうかを事前に知れることが大きなメリットだろう。

時間や仕事の状況が許せば、ぜひ保育園留学を移住前のおためし暮らしに活用すると良いだろう。

保育園留学のデメリット

保育園留学することのメリットを紹介したが、大事なのはデメリットも知っておくことだ。

人気の園はキャンセル待ちも

保育園留学は2021年11月に北海道厚沢部町で募集が開始された。その後取り組みが広がり、2023年6月時点で保育園の数は全国19ヶ所に広がっている。

保育園留学は教育移住を検討中の家族などからも注目を集めていて、キャンセル待ちが出る保育園もあると言う。

もし保育園留学をしたいと考えているなら、希望の保育園にはいつから入れるのかなど、事前のリサーチが重要になるだろう。

短期間なので子どもが慣れる頃には終了する

保育園留学の期間は1週間または2週間から選べる。子どもが現地の保育園に入っても、すぐに保育園の雰囲気に慣れるかどうかは分からないだろう。なかには慣れるのに長い時間が必要な子もいるかもしれない。

やっと現地の保育園の雰囲気に慣れて、楽しく過ごせるようになったとしても、2週間経てばプログラムは終了になる。

ただ、保育園留学を体験した人は、「また体験したい」とリピート希望の人も多くいるようだ。

保育園留学は1回で終了ではなく、子どもが未就学児の間はまた申し込める。子どもの体験の様子を見ながら、リピートを考えても良いだろう。

保育園留学の費用

保育園留学の留学プランは、1週間または2週間から選べる。保育園によってはどちらかのプランに限られる場合があるため注意しよう。

留学プランには以下の4つが含まれる。

  • 預かり保育
  • 宿泊
  • 生活備品
  • Wi-Fi利用料(宿泊施設内)

保育園留学費用は、大人2名・子ども1名の1週間滞在で、91,800円~376,100円まである。

参加する大人の人数や保育園留学先によって料金は上下するため、詳しくは公式サイトの留学先紹介からそれぞれの保育園の詳細を確認してほしい。

保育園留学を受け入れる保育園・地域7選

最後に、保育園留学を受け入れる保育園とその地域を7つ紹介する。文中に記載する費用は、大人2名・子ども1名で1週間滞在した場合である。

認定こども園はぜる|北海道厚沢部町(あっさぶちょう)

出典:認定こども園はぜる|保育園留学®️

北海道厚沢部町(あっさぶちょう)にある厚沢部町認定こども園はぜるは、2021年11月に初めて保育園留学の募集を開始した保育園だ。

はぜるは、公園の芝生や小高い丘(築山)などをそのまま園庭として使用。広々とした園庭で思い切り体を動かしたり、一角にある菜園で野菜を収穫したりと、子どもたちは好き好きに遊んでいる。園内にもさまざまな遊具がある部屋がある。

保育園留学中は、地域のアクティビティへ親子で参加可能。園の近くには道の駅があり、厚沢部町産の野菜を買える。

宿泊施設内には生活に必要な備品が揃い、仕事する環境も整っている。 保育園留学中の子どもの急な体調不良はオンライン診療が利用できることも安心だ。

  • 留学費用:211,200円~

幼保連携型認定こども園 上滝保育園|富山県富山市

出典:上滝保育園|保育園留学®️

立山連峰が望める場所にある、富山市の幼保連携型認定こども園上滝保育園。園庭には晴れの日も雪の日も元気に季節の遊びを楽しむ子どもたちの姿がある。

園内の室内遊びにはモンテッソーリ教育を取り入れているのが特徴。モンテッソーリ教育とは、「自己教育法」を行う教育法のことだ。子どもたちが自立し、相手を尊重して、生涯学び続ける姿勢を持った人間に育つよう、保育園がサポートする。

また、縦割り保育を取り入れることによって子どもたち同士で考え、年上の子と年下の子が自然にお互いを支え合う様子が見られる。

保育園留学中の滞在施設は、生活に必要なものが基本的に揃う他、子どもと一緒に遊べるスポーツ施設が併設している。近くにドラッグストアや病院、直売所などもあるため、安心して生活できるだろう。

仕事に集中したい場合は、リモートワーク環境が整うコワーキングスペースもある。立山の自然を思い切り楽しめる環境も近くにあり、地域のアクティビティに家族で参加できる。

  • 留学費用:179,400円~

INSプレスクール上田・上田原キャンパス|長野県上田市

出典:INSプレスクール上田・上田原キャンパス|保育園留学®️

子どもが小さいうちから英語に触れさせたいと考える人におすすめなのが、INSプレスクール上田・上田原キャンパスだ。東京からは北陸新幹線で約90分で到着する。

このプレスクールの特徴は、国際バカロレアを導入した国際基準の英語教育を学べることだ。子どもたちは、毎日英語のシャワーを浴びて、自然と英語が身に付く環境の中で過ごすことができる。

また、自然が豊かな上田市での園活動では、地域の畑で土に触れたり虫を探したりする。保護者が参加する、ファミリーデイキャンプも行われ、家族で自然体験を楽しめるだろう。

留学中の滞在先は保育園から車で5分の場所にある一軒家だ。生活と共に仕事ができる環境も整っている。

  • 留学費用:307,400円~

三田保育園|東京都青梅市(おうめし)

出典:三田保育園|保育園留学®️

都心からJRでアクセスできる青梅市の三田保育園は、モンテッソーリ教育を元にした保育プログラムで、子どもたちはトライアンドエラーを繰り返しながら心身共に成長していく。

園庭には大型遊具や自転車があり、好きな遊びを楽しめる。園外へも出かけて自然に触れ合う体験もできる。住職でもある理事長から学ぶ座禅の作法の時間があるのも特徴的だ。

滞在先は2つあり、どちらもWi-Fiが完備されているため仕事に困らない。ワークスペースがある交流センターも利用でき、御岳渓谷を眺めながら仕事ができる。

青梅市は東京から電車で1本、1時間で到着できるため、急な出勤に対応できるのも良いところだろう。

  • 留学費用:261,000円~

幼保連携型認定こども園 美濃保育園|岐阜県美濃市(みのし)

出典:美濃保育園|保育園留学®️

幼保連携型認定こども園美濃保育園は、お寺の中にある保育園だ。広い敷地の中で子どもたちはのびのびと遊びを楽しみ、ときには森へ出かけたり、畑の野菜の収穫体験をしたりする。また、市内の8割が森林であることから、木を使った「木育」を取り入れているのも特徴だ。

山々に囲まれていることもあり、自然と遊ぶアクティビティも充実。週末は家族で自然を満喫する時間を持てるだろう。

滞在は、ホテルか1棟貸しの宿かどちらかを選べる。

  • 留学費用:177,100円~

有漢こども園|岡山県高梁市(たかはしし)

出典:有漢こども園|保育園留学®️

周りを山や田んぼに囲まれ、ふるさとに帰ってきたような間隔で保育園留学を楽しめるのが、岡山県高梁市の有漢こども園だ。

ここの園では、子どもたちが登園したらすぐに田んぼに出て虫の観察や、シャボン玉やおままごとなど、好きな遊びを楽しむ。保育園は、子どもたちのやりたいことがやれる環境を整えて、子どもの主体性を育てることを見守っている。

園内には畑があり、年長の子どもたちがいろいろな種類の野菜を苗植えから収穫まで担当する。育てた野菜は給食にも使われ、食育にもつながっている。

子ども園から歩いて15分のところにあるのが3DKの一軒家だ。生活設備が整い、仕事ができる部屋もある。車で5分行くと産直市場があるため、地元食材を買って調理することもできる。

  • 留学費用:192,600円~

認定こども園 もぐし海のこども園|熊本県天草市

出典:もぐし海のこども園|保育園留学®️

熊本県の南西部で海が近くにある天草市のもぐし海のこども園。この園の特徴は、園庭に遊具がないことだ。子どもたちは、敷地内に落ちている葉っぱや木の実、石ころや、雨でできた泥などを使って自分たちの遊びを見つけていく。

また、園の側にはウミガメの産卵が見られるほど美しい海水浴場がある。子どもたちは磯遊びや水遊びを楽しみながら、自然を体いっぱいに受け止め、五感を育てていく。

保育園留学中は、地域の人が営む、短期滞在用のゲストハウスに滞在。部屋はワンフロア貸切で、共用エリアにはワーキングスペースとして利用できる。

ゲストハウスにはオーナーがいるため、どんなことも相談しやすいのがポイントだろう。

  • 留学費用:383,600円~

保育園留学で親子の思い出を作ろう

未就学児とその家族しか経験できない保育園留学は、今しかできない体験を家族でしたいと考えている人にぴったりのプログラムだ。

将来教育移住や家族連れでの移住を考えている人も、お試し移住として利用してみるのも良いかもしれない。

保育園留学に興味があれば、公式サイトから留学の相談をしてみよう。

最新ニュースやイベント情報を配信!メルマガ会員募集中♪

読者限定プレゼントキャンペーン実施中♪
一人でも、家族とでも。ハイエースを自由にアレンジして快適な雪山ワ―ケーションへ!

ハイエースを自由にアレンジして快適な雪山ワーケーションへ!

そんな夢のような生活も、トヨタ・ハイエースのような広々とした車内空間を持つ車なら、案外簡単に実現できちゃうんです。

しかもHIACE Field Monster Packageなら専用の便利アイテムも豊富なので、一人で秘密基地に籠るような使い方も、家族みんなで家ごと移動するかのような使い方も、アイデア次第で自由自在

いつでもどこでも誰とでも、自分らしい快適なワ―ケーションが叶います。

カーライフグッズが当たります!

ワーケーションやアウトドアにも使えて、自分らしいカーライフを叶えるグッズを展開する Customizing.jpから、「TRDマグカップ」を読者の方から抽選で10名様にプレゼント!

下記の応募フォームよりご応募ください。
※応募期間:3月10日(日) 23:55まで

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次