【道北・道東編】北海道移住におすすめの市町村20選|後悔しないためにチェックしたおきたいエリアの特徴も

【道北・道東編】北海道移住におすすめの市町村20選|後悔しないためにチェックしたおきたいエリアの特徴も

最新ニュースやイベント情報を配信!メルマガ会員募集中♪

「道央・道南編」に続く「道北・道東編」。道北・道東エリアの特徴を押さえて、自分の移住計画に合ったエリアかを考えてみよう。この記事では、道北・道東エリアに絞っておすすめの市町村20選を紹介する。「道央・道南編」とあわせて、ぜひ北海道移住の参考にしてみよう。

目次

北海道移住で注目の道北・道東エリアとは

北海道移住で注目の道北・道東エリアとは

北海道は、広大な土地に複数のエリアがある。北部の道北、東部の道東は、道央や道南に並んで、魅力的な市町村が多いエリアだ。ここでは、道北エリア道東エリアの特徴を押さえていこう。

道北エリアの特徴

道北エリアは、旭川市や留萌市、稚内市、利尻町、礼文町などが含まれる、北海道の北部に広がるエリアだ。最北端の宗谷岬がある宗谷地方、旭山動物園のある旭川市やラベンダー畑で有名な富良野市がある上川地方、海産物が魅力的な留萌地方に分けることができる。

産業も盛んなエリアで、米所と知られる東川町をはじめとして、上川地方を中心に米づくりが行われている。留萌地方では、増毛町や羽幌町などで豊富な海の幸が獲られている。

宗谷地方には、利尻島、礼文島という離島も含まれているのが特徴。離島ならではの自然を満喫できる場所だ。大雪山国立公園や利尻礼文サロベツ国立公園なども広がり、美しい自然とともに過ごせるエリアと言えるだろう。

【主な市町村】

  • 上川エリア:旭川市、名寄市、富良野市、士別市、鷹栖町、東神楽町、当麻町、比布町、愛別町、上川町、東川町、美瑛町、上富良野町、中富良野町、南富良野町、占冠村、和寒町、剣淵町、下川町、美深町、音威子府村、中川町、幌加内町
  • 宗谷エリア:稚内市、猿払村、浜頓別町、中頓別町、枝幸町、豊富町、礼文町、利尻町、利尻富士町、幌延町
  • 留萌エリア:留萌市、増毛町、小平町、苫前町、羽幌町、初山別村、遠別町、天塩町

道東エリアの特徴

道東エリアは、北海道東部に広がり、オホーツク海と太平洋に面している。細かく分けると、北東部に位置し流氷が接岸するオホーツクエリア、知床など悠大な自然に広がる釧路・根室エリア、広大な耕地で産業が営まれている十勝エリアの3つだ。

オホーツクエリアには、全国有数の玉ねぎ産地・北見市、流氷を見られる網走市などがある。寒さは厳しいものの、北海道ならではの冬景色や生活を体験できるエリアだ。

釧路・根室エリアは、スケールの大きい自然が広がっている。釧路湿原や阿寒湖、知床など、緑や海などの自然の中で、多種多様な動植物が暮らしているエリアである。

十勝エリアは、広大な耕地面積と寒暖差の大きさを生かして、農業が盛んだ。日本の食糧基地として、さまざまな農作物を道内・全国に送り出している。

【主な市町村】

  • オホーツクエリア:北見市、網走市、紋別市、大空町、美幌町、津別町、斜里町、清里町、小清水町、訓子府町、置戸町、佐呂間町、遠軽町、湧別町、滝上町、興部町、西興部村、雄武町
  • 釧路・根室エリア: 釧路市、釧路町、厚岸町、浜中町、標茶町、弟子屈町、鶴居村、白糠町、根室市、別海町、中標津町、標津町、羅臼町
  • 十勝エリア: 帯広市、音更町、士幌町、上士幌町、鹿追町、新得町、清水町、芽室町、中札内村、更別村、大樹町、広尾町、幕別町、池田町、豊頃町、本別町、足寄町、陸別町、浦幌町

【道北エリア】北海道移住におすすめの自治体(市町村)

【道北エリア】北海道移住におすすめの自治体(市町村)

まず、道北エリアのおすすめ自治体(市町村)をご紹介。

  • 富良野市(ふらのし)
  • 東川町(ひがしかわちょう)
  • 美瑛町(びえいちょう)
  • 留萌市(るもいし)
  • 増毛町(ましけちょう)
  • 羽幌町(はぼろちょう)
  • 枝幸町(えさしちょう)
  • 豊富町(とよとみちょう)
  • 礼文町(れぶんちょう)
  • 利尻町(りしりちょう)

市町村ごとに、特徴や主な支援制度をチェックしていこう。

富良野市(ふらのし)

富良野市

出典:富良野市:基本情報|北海道で暮らそう

富良野市は、北海道のほぼ中央に位置するため、「北海道のへそ」ともいわれている。一面紫のラベンダー畑が有名で、市内にあるファームは観光客でにぎわう人気スポットだ。『北の国から』のロケ地も多くあり、ファンにもたまらない街だろう。

市内で店舗を開業した場合は、新規出店家賃補助事業によって、月額5万円を限度に1年間の家賃の半分以内の補助を受けられる。

住宅リフォーム促進事業補助金やファミリーサポートセンターなどで、住まいや子育てへの支援も豊富だ。

東川町(ひがしかわちょう)

東川町

出典:東川町:基本情報|北海道で暮らそう

東川町は、旭川市の隣にある町。大雪山国立公園の区域に含まれ、旭岳や天人峡温泉など豊かな自然が広がっている。旭川市までのアクセスが良く、都会にすぐ行けるのも魅力だ。

広大な土地に田園が広がり、米づくりが盛ん。

農林水産業への就業や起業・創業を支援し、移住に伴う仕事探しがしやすい。空き家・空き地の提供や住宅建築への助成、子どもの医療費助成など、住まいや子育てへの支援にも力を入れている。

美瑛町(びえいちょう)

美瑛町

出典:美瑛町:基本情報|北海道で暮らそう

美瑛町は、旭川市と富良野市の間に位置する町。「丘のまち」といわれ、丘陵地にカラフルな花々が植栽され、美しい景色を楽しめる。「青い池」では、透き通ったブルーの池があり、神秘的な風景が観光客に人気だ。

オンライン移住相談や定住促進住宅など、移住前の準備を進めやすくなっている。民間賃貸住宅家賃助成も行っており、費用を抑えやすいのも魅力。

テレワークの推進にも力を入れていて、条件付きではあるが「美瑛町に住みながら働く」を気軽に体感できる施設の利用ができる。

留萌市(るもいし)

留萌市

出典:留萌市:基本情報|北海道で暮らそう

留萌市は、日本海沿いの道路「オロロンライン」の中継地点に位置する町。日本海に沈む美しい夕陽や新鮮な海産物などが町の魅力である。全国一の加工生産量を誇る「塩かずの子」や「南るもい米」など、水産業や農業も盛ん。

新規就農を目指す方を支援しており、実習や農地確保を行っている。子育て支援センターやファミリーサポートセンターなど、子育て世帯へのサポートも手厚い。

増毛町(ましけちょう)

増毛町

出典:増毛町:基本情報|北海道で暮らそう

増毛町は、日本海に面しており、漁業が盛んに行われている。えび地酒まつりや秋味まつりなど、海産物をはじめとした特産品を味わえるイベントが人気。

比較的温暖な気候で、りんごやさくらんぼなど果樹の栽培も活発に行われ、山々では山菜が生育している。

支援制度のなかでも、子育てサポートが充実。出産準備金の支給、保育所・幼稚園保育料の軽減、スキー授業リフト使用料の補助、教材費の助成など、幅広い支援制度を実施している。

羽幌町(はぼろちょう)

羽幌町

出典:羽幌町:基本情報|北海道で暮らそう

羽幌町は、日本海側に位置する留萌地方の中央にある町。全国でもトップクラスの水揚げ量を誇る甘エビ、ブランド羊「プレ・サレ焼尻」、アスパラ、お米など、海産物や農産物が豊富だ。

天売島、焼尻島という2つの離島も町に含まれ、自然にも恵まれている。

就業・就農・起業のサポートに力を入れており、空き店舗の活用、農業・漁業の後継者育成、創業者支援などが主な制度だ。移住に伴って、事業を始めたい方はぜひ活用してみよう。

枝幸町(えさしちょう)

枝幸町

出典:枝幸町:基本情報|北海道で暮らそう

枝幸町と歌登町が合併し、平成18年に新しく生まれ変わった町。オホーツク海に面した枝幸地区ではタラバガニや毛ガニが漁獲され、例年7月には枝幸かにまつりを開催している。

歌登地区は自然に恵まれ、宿泊施設やゴルフ場などが多く、休日を豊かにしてくれるはず。

就業支援は、医療従事者を中心にしているため、医師や看護師、介護福祉士などの移住に手厚い。子どもの予防接種助成や出産交通費助成などを実施し、子育て支援センターや学童保育なども整っている。

豊富町(とよとみちょう)

豊富町

出典:豊富町:基本情報|北海道で暮らそう

豊富町は、酪農が盛んな町。広大な土地を生かし、北海道サロベツ牛乳などを生産している。ラムサール条約に登録されているサロベツ湿原、最北の温泉・豊富温泉など、自然にも恵まれているのが特徴。

新規就農支援制度があり、農業に取り組みたい方にぴったりだ。満15歳まで医療費が無料になるなど、子育て世帯の移住にも適している。

礼文町(れぶんちょう)

礼文町

出典:礼文町:基本情報|北海道で暮らそう

礼文町は、礼文島にある唯一の町。「花の浮島」と呼ばれ、多種多様な高山植物が生育している。海に囲まれた立地で、ウニやホッケなど美味しい海産物を食べられるのも魅力だ。

子育て世代マイホーム新築助成、出産祝い金支給、子ども医療費助成など、子育て世帯への支援が充実。離島暮らしを叶えたい方は、ぜひチェックしてみよう。

利尻町(りしりちょう)

利尻町

出典:利尻町:基本情報|北海道で暮らそう

利尻町は、利尻島の西部にある町。近海では、利尻昆布やウニなど海産物が漁獲され、高級食材として全国に知られている。利尻山や利尻ふれあい温泉など、自然に触れ合える場所も多い。

転入奨励金を設け、100万円の支給を受けられる。出産祝い金や児童養育奨励金など、子育て支援も充実。

【道東エリア】北海道移住におすすめの自治体(市町村)

【道東エリア】北海道移住におすすめの自治体(市町村)

続いて、道東エリアのおすすめ市町村をご紹介。道東は、オホーツク、十勝、釧路、根室などに分かれている。

以下の市町村について、特徴やサポートを詳しく解説していく。

  • 北見市(きたみし)
  • 美幌町(びほろちょう)
  • 清里町(きよさとちょう)
  • 斜里町(しゃりちょう)
  • 佐呂間町(さろまちょう)
  • 滝上町(たきのうえちょう)
  • 厚岸町(あっけしちょう)
  • 別海町(べつかいちょう)
  • 上士幌町(かみしほろちょう)
  • 広尾町(ひろおちょう)

北見市(きたみし)

北見市

出典:北見市:基本情報|北海道で暮らそう

北見市は、札幌市や旭川市、函館市、釧路市と並ぶ、北海道の中核都市。オホーツクエリアでは最も規模が大きく、さまざまな施設が充実している。

玉ねぎと白花豆の生産量は日本一、ホタテの漁獲量も日本一と、農業や漁業が盛ん。オリンピック選手を輩出したカーリング場、ソウルフードの焼肉など、町の見どころが多い。

UIJターン新規就業支援、新規参入就農支援事業、農業研修生受入推進事業など、移住に伴って活用できる支援制度も充実している。

美幌町(びほろちょう)

美幌町

出典:美幌町:基本情報|北海道で暮らそう

美幌町は、農業を基幹産業としたオホーツクの町。湖と青空を一望できる美幌峠があり、北海道らしい雄大な景色を楽しめる。女満別空港へのアクセスは車で約15分と、北海道各地への移動も快適。

オンライン移住相談を実施しており、時間がない方でも気軽に相談できる。起業家支援事業や産材活用促進事業補助金など、事業への支援も充実しているのが特徴だ。

清里町(きよさとちょう)

清里町

出典:清里町:基本情報|北海道で暮らそう

清里町は、知床半島のつけ根に位置する道東の町。広大な土地を生かした大規模な農業が営まれ、農村景観は目を見張るものがある。

透き通った青が美しい神の子池が有名で、幻想的な景色を求めて、多くの観光客が訪れている。

起業・新事業創出支援事業や移住支援交付金、子ども・子育て支援対策事業など、仕事・住まい・子育ての支援がそろっている。

斜里町(しゃりちょう)

斜里町

出典:斜里町:基本情報|北海道で暮らそう

斜里町は、オホーツク海に面した町。世界自然遺産になった知床も町に含まれ、多種多様な動植物が暮らし、雄大な自然や美味しい山海の幸など、自然の恵みにあふれている。

豊かな自然では、登山やキャンプ、カヌー、スキーなどさまざまなレジャーを楽しめる。保育料補助制度などのサポートもあり、自然豊かな環境で生活したい方におすすめだ。

佐呂間町(さろまちょう)

佐呂間町

出典:佐呂間町:基本情報|北海道で暮らそう

佐呂間町は、サロマ湖に面した町。サロマ湖は海水が流れ込む汽水湖であり、豊かな栄養によってホタテやカキなどの魚介類が育まれている。

農業も盛んで、新規就農予定者就農研修支援資金の貸付、新規就農者の補助が行われている。さらに、商工業活性化事業の補助、住宅建設促進事業費の補助など、幅広い制度が特徴だ。

滝上町(たきのうえちょう)

滝上町

出典:滝上町:基本情報|北海道で暮らそう

滝上町は、芝ざくら滝上公園で見られる一面ピンク色の芝桜、清涼感のある香りが特徴のハッカなどが有名な町。

ハッカの生産量は日本全体の95%を占め、ハッカの仲間であるさまざまなハーブを香りの里ハーブガーデンで見られる。

「ずっと住まいるたきのうえ!」支援制度を実施し、暮らしの支援が充実。子ども医療費助成、子育て支援事業、医療支援など、幅広い支援制度が整っている。

厚岸町(あっけしちょう)

厚岸町

出典:厚岸町:基本情報|北海道で暮らそう

厚岸町は、太平洋に面した海の町。カキやウイスキー、乳製品などが特産品で、漁業やお酒造りが盛んである。比較的冷涼な気候で、夏は過ごしやすい。

町内企業の求人情報はホームページで提供しており、希望に合う仕事をマッチングしている。

酪農の新規就農者への支援、住宅新築・改修に対する助成、出産祝い金など、仕事や住まい、子育てへの支援が幅広い。

別海町(べつかいちょう)

別海町

出典:別海町:基本情報|北海道で暮らそう

別海町は、豊かな自然に恵まれている道東の町。酪農が盛んで、生乳の生産量は日本一を誇っている。海産物も豊富で、ホタテや鮭なども漁獲されている。

さまざまな動植物が生息する野付半島、海の生き物に会える野付湾なども、町の見どころだ。

新規就農者対策事業や別海町起業家支援事業など、仕事探しの支援が豊富。妊婦健康診査費用や子ども医療費など、各種助成も実施している。

上士幌町(かみしほろちょう)

上士幌町

出典:上士幌町:基本情報|北海道で暮らそう

上士幌町は、大雪山国立公園の麓に広がる町。公共施設や金融機関などがそばにあるコンパクトシティを実現し、暮らしやすいのが魅力。

熱気球が有名で、大空に舞うイベントは圧巻だ。比較的雪が少ないため、北海道の中では雪に悩まされにくいだろう。

体験移住ができるモデルハウスや移住者同士の交流会など、移住支援が活発に行われている。

他にも、定住住宅建設等促進奨励事業、子育て支援・少子化対策住宅建設助成金交付事業など、住宅支援が整っているのも特徴だ。

広尾町(ひろおちょう)

広尾町

出典:広尾町:基本情報|北海道で暮らそう

広尾町は、十勝エリアの最南端に位置する町。東部にある太平洋では漁業、西部では河川や山など自然を活用した農林業が盛んに行われている。

サンタクロースの故郷といわれるノルウェーのオスロ市から認定を受け、国外初のサンタランドとしても有名だ。

仕事面では、起業家等支援事業補助金を実施。育児支援や乳幼児医療費の助成など子育て世帯へのサポートも整っている。

北海道移住なら道北・道東エリアを考えてみよう

北海道移住なら道北・道東エリアを考えてみよう

道北エリアや道東エリアは、北海道ならではの自然や山海の幸が魅力的なエリア。離島や半島などもあり、豊かな自然に恵まれている。

市町村の多くは、移住者への支援が充実しているため、スムーズに北海道移住を叶えられるだろう。

「道央・道南編」では、北海道移住を考えたときに見ておきたい情報サイトやサポート内容などを詳しく解説している。まずは、こちらの記事を読んで基本情報を知っておこう。

最新ニュースやイベント情報を配信!メルマガ会員募集中♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次