愛媛移住を成功させたい!活用すべき支援・補助金制度やおすすめしたい7つの市町村(自治体)

愛媛移住を成功させたい!活用すべき支援・補助金制度やおすすめしたい7つの市町村(自治体)

愛媛県はみかんをはじめとする柑橘類で有名な県。海も山もある自然豊かな環境で、穏やかな日々を過ごしたい方にぴったりの移住先だ。しかし、移住前には入念な計画を立てておくことが成功につながるもの。この記事で愛媛移住のメリット&デメリットや、失敗しない計画の立て方、補助金などの支援制度の充実したおすすめ自治体を見ていこう。

目次

移住する前に知っておきたい愛媛県の基本情報

移住する前に知っておきたい愛媛県の基本情報

令和3年度には4,910人もの移住者を受け入れるなど、移住先として人気の愛媛県。

しかし、過ごしやすそうなイメージはあれど、具体的にどのような地域かまでは知らない方も多いだろう。

まずは移住する前に知っておきたい、地理や人口などの愛媛県の基本情報から紹介する。

参考元:令和3年度の本県への移住者数の公表に関する記者発表の要旨について|愛媛県

地理

愛媛県は四国の北西部にある、瀬戸内海を挟んで広島県と向かい合っている県だ。

北は瀬戸内海、西は宇和海に面する一方で、南部には四国山地の雄大な山々が立ち並ぶ。自然豊かな環境として知られている。

愛媛県は「東予」「中予」「南予」の3エリアに大きく分かれており、以下の通り特色が異なる。

【愛媛県のエリアの特色】

  • 東予:県内有数の工業地帯。サイクリングスポットとして名高い「しまなみ海道」もある
  • 中予:県庁所在地松山市があるなど栄えた地域。人口が多く、道後温泉など観光スポットも多数。
  • 南予:自然環境や歴史的建造物の残る穏やかなエリア。田舎暮らしにぴったり。

詳細は後述するが、移住成功のためにはこのエリアの違いを意識することが大切だ。

人口

愛媛県の総人口は1,334,841人。人口密度は235.2人/㎢と少なめで、この数値は全国平均(338.2人/㎢)を大きく下回る。東京の人口密度(6,402.6人/㎢)の20分の1以下だ。

エリアにも左右されるものの、都会と比べて驚くほど開放感のある暮らしを実現できるだろう。都会の喧噪を離れ、穏やかな暮らしをしたい方にぴったりな移住先だ。

参考元:令和2年度国勢調査結果|総務省統計局

気候

愛媛県の年間平均気温は17℃前後。温暖な気候で雨も少なく、天候に恵まれたエリアだ。

それでいて、山間部にはしっかりと雪が降るため、スキーなどのウインタースポーツも盛んに行われている。

極端な暑さ・寒さどちらにも縁遠く、なおかつ自然を活かしたレジャーが楽しめる魅力的な県だと言えるだろう。

産業

愛媛県の産業といえば、やはり柑橘類が有名だ。県内の柑橘類の収穫量は、年間で20.7万トン。平成29年まで44年連続で日本一に輝いた実績もあり、柑橘王国として知られている。

柑橘類以外では、主に東予地方で生産されるタオルや紙などの工業製品が有名だ。実は、愛媛県の製造業全般における総出荷額は、四国全体の半分近くにも及んでいる。

愛媛移住のメリット|なぜ移住先として人気?

愛媛移住のメリット|なぜ移住先として人気?

続いて、上述の基本情報も参考にしつつ、愛媛に移住するメリットをあらためて確認していこう。

山も海も美味しい食べ物も!自然豊かな愛媛県

上述の通り、愛媛県は海も山も楽しめる自然豊かな地域。愛媛移住にあたって、多くの方が期待するのが自然を満喫することだろう。

毎週末にレジャースポーツを楽しんだり、広々とした環境で子どもを自然に触れさせながら子育てをしたり。都会では実現できない夢の暮らしにも手が届く。

愛媛県は養殖真鯛の生産量が日本一であるなど、新鮮な食べ物にも恵まれている。移住後は、地元のスーパーで売られている魚介や農作物の美味しさにきっと驚くはずだ。

参考元:愛媛県市町紹介m|えひめ移住ネット

「お遍路さん」の文化が残る移住者にも優しい土地

移住者にとって心強いメリットとなるのが、愛媛県には「お遍路さん」の文化が残っていること。

全長1,400kmの行程を歩み、88箇所の札所を訪れる四国遍路。古くより、県外から多くの方が挑戦に訪れる、言わずと知れた日本を代表する文化だ。

遍路で旅人を迎え入れるのが当たり前であったがためか、愛媛の人々は外様の人間にも優しい。ひょっとすると、全国2位に輝くほど1日の余暇の時間が長い、穏やかな暮らしの影響もあるのかもしれない。

いずれにせよ、田舎暮らしでよく耳にする排他的な空気に関しては、愛媛移住なら心配は無用だろう。

全国で2番目に家賃が安い!固定費を削減できるかも

現実的に恩恵を実感しやすいのが、愛媛県は全国で2番目に家賃が安い地域であること。(民営賃貸住宅の家賃の安さ 全国2位:2019年小売物価統計調査)

移住の実現に向けては、金銭面がハードルになるケースも多い。

引越し費用はもちろん、足りない家具の新調費、移住直後の生活費、家賃や光熱水費などの月々の固定費。移住で気にしなければならない出費はさまざまだ。

しかし、固定費の大部分を占める家賃が低くなれば、移住後の生活にも格段に余裕が生まれる。

また、家賃が下がれば、礼金・敷金・仲介料といった初期費用全般も安くなる。まとまったお金の用意が難しい方にとって、心強いメリットとなるだろう。

参考元:あのこの愛媛

県内求人数は約4万件!仕事の探しやすさも◎

地方への移住では、仕事の見つけにくさもハードルになりがち。しかし、愛媛県ならその心配も不要だ。

愛媛県は公式求人・移住総合情報サイト「あのこの愛媛」を運営しており、ここにはおよそ4万件もの求人情報が掲載されている(2022年8月時点)。

求人は東予・中予・南予のエリア別にも簡単に検索でき、自分が希望する移住先で仕事を見つけやすい。移住を機に、思い切って新たな生業に挑戦するのもおすすめだ。

移住支援金(補助金)制度の対象になる自治体も

愛媛県の一部の地域では、主に指定の求人に就業した方に対して移住支援金を支給している。対象となるのは以下の5つの市だ。

【愛媛県内で移住支援金の対象となる自治体】

  • 今治市
  • 宇和島市
  • 西条市
  • 大洲市
  • 西予市

移住支援金の支給額は単身なら60万円、世帯なら100万円と高額。受給できれば、生活安定の大きな助けとなることは間違いない。

受給の可否は細かな条件のもとに判断される。まずは愛媛県公式ページにある要項を確認し、愛媛県の自治体担当者にも相談してみて欲しい。

愛媛移住のデメリット|「失敗」の声の理由は?

愛媛移住のデメリット|「失敗」の声の理由は?

自然豊かで食べ物が美味しく、固定費も安く仕事も見つかりやすいと魅力の多い愛媛県。間違いなくおすすめの移住先だが、一方で「移住に失敗した…」という意見も耳にする。

移住を成功させるためには、事前に移住先のデメリットも知っておくことが大切だ。愛媛県への移住では「人付き合いの密接さ」と「都会の利便性のなさ」の2点に気を付けよう。

町内会や組合などの田舎ならではの人付き合いがある

必ず意識しておきたいのが、地方には町内会や組合といった田舎ならではの人付き合いがあること。

例えば愛媛県では、地域によっては「組合内の冠婚葬祭にはお互いに必ず出席する」というルールが残っていたりする。

隣人の顔もわからない都会暮らしに慣れている方にとっては、煩わしく感じてしまうかもしれない。

もちろん、自分の子どもを地域の子として扱ってくれたり、畑で取れた農作物を分けてもらえたりと、人付き合いが密接だからこその魅力もたくさんある。

重要なのは、あらかじめ心構えをしておくことだ。

都会ならではの利便性がない地域も

愛媛はエリアによって雰囲気が大きく異なり、森林に囲まれた田舎もある。このような地域では、電車やバスが少なかったり、近隣のスーパーまで車で行く必要があったりと不便なことも多い。

穏やかな暮らしと引き換えに、5分歩けば次のコンビニが見えてくるような都会の利便性はない。自分が求める理想の生活はどのようなものか、譲れないポイントはあるか、今一度考えてみよう。

愛媛移住の計画の立て方|後悔しないための流れは?

愛媛移住の計画の立て方|後悔しないための流れは?

それでは、いよいよ愛媛移住に向けた計画の立て方を紹介する。後悔しないために大切なのは、以下の流れを意識することだ。

  1. 移住の目的の明確化
  2. 希望移住エリアを絞る
  3. エリア内で仕事を事前に確保する
  4. 実際に現地を訪れる
  5. お気に入りの住まいを探す

着実にステップを踏むことで、移住失敗のリスクを大きく下げられる。それぞれ順番に見ていこう。

老後の穏やかな暮らし?母子家庭ゆえに?移住の目的を明確にしよう

最初に行いたいのが、移住の目的の明確化だ。

  • 「定年退職後に、海の見える自然豊かな田舎で穏やかな老後を過ごしたい」
  • 「地方に2拠点移住先を確保して、夢のデュアルライフを実現したい」
  • 「母子家庭のため、田舎で周囲の人々の理解を得ながら子どもを育てたい」
  • 「みかんが大好きで、ずっと愛媛県に住んでみたいと思っていた!」

移住の目的は人それぞれで、どんな理由でも大丈夫。大切なのは目的を言葉にして再確認しておくこと。

目的が明確であれば、移住後にも夢見た暮らしを実現できていると実感しやすい。辛いことがあったときにも、愛媛の暮らしの良さを見直し、踏みとどまれるだろう。

また、移住の目的が明確になれば、この後のステップも後悔しない形で進みやすくなる。必ず、自分の中にある気持ちをはっきりと言葉にしておきたい。

希望の移住エリアをおおまかに絞ろう

移住の目的を明確化できたなら、続けて希望エリアを絞っていこう。上述の通り、愛媛県は3つのエリアに分かれており、それぞれの特色は以下となる。

【愛媛県のエリアの特色】

  • 東予:県内有数の工業地帯。サイクリングスポットとして名高い「しまなみ海道」もある
  • 中予:県庁所在地松山市があるなど栄えた地域。人口が多く、道後温泉など観光スポットも多数。
  • 南予:自然環境や歴史的建造物の残る穏やかなエリア。田舎暮らしにぴったり。

最初から具体的な町まで絞るのではなく、エリアを決めて徐々に候補地を見つけていくのがおすすめだ。

「海が見たいからこの辺かな?」と、日本地図を眺めながら場所決めを進めよう。

エリア内で事前に仕事を確保しておけると◎

おおまかなエリアを決めた後は、そのエリア内で移住後の仕事を確保しておこう。

愛媛県は求人が多く仕事の見つかりやすい地域。それでも、移住してから仕事を探そうとしては何かと焦ってしまう。

近頃は働き方の変化も進み、リモートでの面接に対応する企業も増えてきた。現在住んでいる地域からでも、愛媛の仕事を見つけることが可能だ。

補助金制度の対象となる求人かどうかもチェックしつつ、あのこの愛媛で生業探しを進めよう。

実際に移住体験住宅・ツアーを活用して現地を訪れよう

愛媛での仕事探しと同時期に、自治体が提供する移住体験住宅やツアーを活用して、実際に現地を訪れておこう。

移住では、その土地に足を踏み入れてはじめて理解できることもたくさんある。

思っていたよりも虫が苦手だったり、はたまた空気の美味しさに感動したり、良くも悪くも新たな発見が見つかるはずだ。

タイミングによっては、先行移住者の方とお会いする機会もあるだろう。実際に挑戦した方だからこその、貴重な話を聞かせてくれるはずだ。

自治体やコンシェルジュに相談しながらお気に入りの物件を探そう!

実際に愛媛県を訪れ、それでも移住したい気持ちが変わらなかったなら、いよいよ住まい探しのフェーズ。

自治体や移住コンシェルジュに相談しながら、物件探しを進めよう。自分が利用できる支援制度や民間サイトに記載されていない物件募集など、ここでしか得られない情報がある。

愛媛県は移住者の多い人気の地域。担当者もやり取りに慣れているため、安心して相談できる。理想の物件が見つかれば、夢の移住実現はもうすぐそこだ。

移住支援制度が充実した愛媛のおすすめ市町村(自治体)7選!

移住支援制度の充実した愛媛のおすすめ市町村(自治体)7選!

最後に、移住支援制度が充実したおすすめの市町村を7つ紹介する。いずれも移住者を積極的に受け入れている、住み心地の良い地域だ。

今回は移住支援金以外の、現在各市町村が実施している移住支援策についても解説する。移住先の候補のひとつとして、ぜひ検討してみてほしい。

伊予市(いよし)

伊予市(いよし)

出典:愛媛県伊予市移住サポートセンター「いよりん」

まず紹介するのは、愛媛県のほぼ中央に位置する海の見える町、伊予市。大都市松山の南にありながら、北には瀬戸内海、南には標高900m山々が連なる豊かな自然が広がるエリアだ。

ドラマや映画で有名な「海の見える駅」下灘駅も、伊予市の一部。遮るものなく広がる水平線を見ていると、些細な悩み事など吹き飛んでしまうだろう。

移住後にはほど良い田舎ならではの、開放感のある暮らしを実現できるはず。

伊予市では子育て世帯や働き手世帯を対象に、空き家の改修に最大140万円の補助金を出しており、経済的に有利な形で移住を実現しやすい。

移住サポート専用センター「いよりん」にて、専門の移住カウンセラーが無料で相談に乗ってくれる点も大きな魅力だ。

新居浜市(にいはまし)

新居浜市(にいはまし)

出典:Hello! NEW 新居浜ライフ

工業の盛んな東予地域のなかでも、中心都市として知られるのが新居浜市

西に西条市、東に四国中央市と働き口の充実した地域の中心に位置する。「家族それぞれが通勤しやすい新居浜市に住もう!」と移住する方もいるアクセスの良い地域。

移住支援策では、JIターン者向けに最大2年間と長期間のお試し移住(移住支援住宅)を提供している。

マンション1棟を開放したもので、家賃3万円で駐車場付きの2DKの部屋を借りられる驚きの制度だ。(※3万5千円で2LDKの部屋もある)

固定費を削減しつつ、生活の負担が少ない形で新居浜での暮らしに馴染んでいけるだろう。移住ポータルサイト「新居浜ライフ」から、まずは詳細資料を請求してみてほしい。

ちなみに、新居浜市唯一の有人離島である大島は、その人気ゆえになかなか空き家がない。まずは新居浜市内に住居を構え、大島に通いながら空き家を探す段階的な移住がおすすめだ。

宇和島市(うわじまし)

宇和島市(うわじまし)

出典:うわじま住まい

愛媛県の南西、宇和島城の城下町として栄えた歴史を持つのが宇和島市

春になると、城の周りで桜が満開に咲き誇る。冬が訪れると、今度は1,000m級の山々が立ち並ぶ鬼ヶ城山系が真っ白な雪化粧に染まる。四季折々の情景を堪能できる、県内でも指折りの風情がある地域だ。

宇和島市は昔から闘牛でも有名で、観光客のみならず、地元の方にとっても重要な祭りのひとつとして愛されている。今でも年に4回の定期大会が開催されており、移住後には参加する機会もあるだろう。

移住の観点からは、賃貸物件が多くお気に入りの家が見つかりやすいのがメリット。移住サイト内の空き家バンクもあり、理想の住居を見つけてみよう。

具体的な支援策では、最大3ヶ月間も月額1万5千円で住めるお試し移住体験施設が興味深い。家具や家電もすでに揃った住居を借りつつ、宇和島市の生活を実際に確かめることができる。

西条市(さいじょうし)

西条市(さいじょうし)

出典:LOVE SAIJO

2020年から「若者が住みたい町全国1位」に3年連続で輝いているのが、東予エリアの西条市移住者のおよそ80%が若者である、全国的にも珍しい地域だ。

これほどまでに若者が移住を希望する理由には、チャレンジを応援する風土が挙げられる。

西条市は起業型の地域おこし協力隊の積極的な受け入れや、創業支援事業の推進により、若者たちを応援している。

西条市はほかにも、オンライン移住相談や無料の移住体験ツアーにも積極的。田舎暮らしを堪能しつつ、自分の夢に向けて挑戦できる環境だ。

今治市(いまばりし)

今治市(いまばりし)

出典:いまばり暮らし

愛媛県の北東部、東予エリアに位置するのが今治市古来より商業の町として栄えてきた町で、最近ではタオルづくりのメッカとしても有名だ。今治タオルの名前を聞いたことがある方も多いだろう。

造船をはじめとした工業が盛んでありつつも自然環境も残っており、平野部に進めば美しい海を、山間部で森林を満喫できる。

今治焼き鳥やいぎす豆腐のようなご当地グルメも豊富で、日々、ワクワクしながら暮らしていける。

今治市では、滞在型農園施設による農業と田舎暮らしを同時に体験できるツアーや、空き家リフォームに関して最大200万円まで支援を受けられる補助金を実施中。

まずは、地方暮らしの雰囲気を確かめに訪れてみてはいかがだろう。

大洲市(おおずし)

大洲市(おおずし)

出典:大洲市移住定住支援サイト

「伊予の小京都」の別名を持つ南予の町が大洲市大洲城や如法寺、長浜大橋と文化的に重要な意味を持つスポットが多数あり、歴史好きにはたまらない町だ。

町並み全体もどこかノスタルジックな雰囲気で、昔懐かしい穏やかな暮らしをしたい方にぴったり。隣人と自然の温かさを感じながら、牧歌的な日々を堪能できるだろう。

一方、大洲市の長浜港から約13km沖合に浮かぶ離島の青島は、猫の島として知られており、週末や大型連休中には全国から猫好きの観光客が集まってくる。

さて、大洲市では賃貸住宅の家賃補助を行っている(最大月2万円×3年間)。また、空き家の取得や改修に最大500万円の支援金が出るなど、住まいにまつわる支援が充実している。金銭面でも嬉しい形で、移住を実現できる町だ。

西予市(せいよし)

西予市(せいよし)

出典:海里山の憧れ暮らし

南予エリアで小さな子どものいる方にぴったりな移住先が西予市だ。

西予市では子どもの医療費が中学生卒業まで無料(入院も含む)。第3子以降は保育園無料、0歳児の保護者に毎月3千円の子育て応援券を配るなど、子育て世帯を積極的に応援している。

朝霧に包まれた森林を眺めたり、夜には満点の星空を見つめたりと、優しい環境も充実。都会の喧噪から離れ、子どもと穏やかに向き合う日々にもきっと手が届くはずだ。

入念な計画をもとに愛媛移住で穏やかな暮らしを実現しよう!

入念な計画をもとに愛媛移住で穏やかな暮らしを実現しよう!

この記事では、愛媛移住のメリット&デメリットや失敗しない計画の立て方、また移住支援金の対象にもなるおすすめの市町村を紹介した。

愛媛は年に5,000人近くもの方が移住してくるほどに魅力のある土地。しかし、良い面だけを見つめて移住を行えば、後悔してしまう可能性も高まる。

紹介した計画立ての流れを参考に、まずはじっくりとプランを立ててほしい。

自治体担当者の協力も活用すれば、移住のハードルも劇的に下がるだろう。理想の穏やかな暮らしを手に入れるために、動き出してみてはいかがだろうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次