新潟移住を考える前に|移住支援制度(補助金)の詳細と県内のおすすめ自治体7選!

新潟移住を考える前に|移住支援制度(補助金)の詳細と県内のおすすめ自治体7選!

ここ数年のテレワークの増加や働き方改革などで、地方移住が注目されている。全国のさまざまな自治体が移住サポートを進めるなかで、今回は新潟県への移住をピックアップする。

国内はもちろん海外へもアクセスしやすく、都会と自然が程よく融合した新潟県は移住におすすめなポイントがいくつかある。

新潟県に移住する際、チェックすべき移住支援制度(補助金)やサポート、おすすめの自治体(市町)も一緒に紹介するので見ていこう。

目次

移住する前に知っておきたい新潟県の基本情報

移住する前に知っておきたい新潟県の基本情報

中部地方の北部にある、南北に長い形をした新潟県。

新潟県は他の県と同様に少子高齢化や人口の減少が課題だが、ここ数年、新潟県への移住を希望している人の相談も増えている。

そのため、新潟県でも県全体や県内の市町村で、移住をサポートする取り組みを行っている。そんな新潟県の基本情報を見ていこう。

地理

新潟県は本州の日本海沿岸に位置している。面積は約12,600㎢で全国5位の広さだ。本州側の海岸線は約331kmあり非常に長い。海岸線は変化に富んでいて砂丘もある。

新潟市から北西に45kmのところにある佐渡島も新潟県に属する。

新潟県には日本で最長の川「信濃川」があり、その下流域に広がる越後平野(えちごへいや)は日本有数の稲作地帯である。

新潟県は日本一の米どころとしても有名だ。

人口

新潟県の人口は2022年1月現在で2,171,686人、910,308世帯。県内で最も多い人口は新潟市で、次いで長岡市という順になっている。

参考:新潟県推計人口(令和4年1月1日現在)|新潟県

気候

新潟県の気候は冬の間に降水量が多く、快晴の日数が少ない日本海型気候だ。大陸から季節風が吹く冬は降雪量も多く、海岸部を除く地域は豪雪地帯となっている。

佐渡島や県内の海岸部の日照時間は山間部に比べて多い。

新潟は東京よりも北の方に位置しているため、気温が全般的に低い。ただし、夏の気温は東京と約1℃しか変わらない。冬の間の新潟は東京に比べ3℃ほど低くなる。

また、日本海側は冬に雷が鳴る日数が増える傾向にあるが、原因は不明だ。

産業

新潟県の産業のひとつである商工業には、精密機械や金属プレスの高い技術を持つ企業が多数ある。また、金属製の洋食器や石油ストーブ、米菓の出荷額は全国1位だ。

また、県内には伝統工芸品も多く、経済産業省が指定する「伝統的工芸品」は16品目もあり、全国3番目の数となる。

ほかにもデジタル化支援や健康産業、航空機産業など、今後の成長が期待される産業が新潟に集まっている。

新潟県が移住におすすめな理由

新潟が移住におすすめな理由は主に3つある。

  • 都市部と自然が融合している
  • 食べ物がおいしい
  • 交通アクセスが良い

例えば新潟市を例に挙げてみよう。新潟市は8つの区で構成されていて、中央区は買い物や食事を楽しめる商業施設や文化・スポーツ施設が集まっている。

公共交通機関も充実しており、都市生活を満喫できる。

同じ新潟市でも川を中心に街が広がる北区は、200種類以上の野鳥や植物が確認できる自然の宝庫だ。農業も盛んに行われていて、260年前から続く産直市場がある。

秋葉区は、里山の豊かな自然と市内中心部までのアクセスの良さが特徴。都市生活と自然の両方を楽しめる魅力のあるエリアだ。

新潟県はお米をはじめ、山海の美味しい食べ物が手に入る。

県内には2本の新幹線とJR線が走り、新幹線を利用すると新潟から東京まで2時間以内で移動が可能。仕事を変えずに移住先での暮らしを堪能することもできる。

新潟県の主な移住支援制度【仕事・住まい・子育て】

にいがた暮らし
出典:新潟U・Iターン総合サイト にいがた暮らし

ここからは、新潟県の主な移住サポートを見ていこう。

仕事の支援

Uターン・Iターンも含む移住者の仕事について、新潟県は以下のような支援をしている。

  • U・Iターン学生の就職面接に際しての交通費・宿泊費の助成
  • にいがた暮らし・しごと支援センターでの仕事紹介
  • 企業紹介動画をYouTubeで配信
  • UIJターン人材採用支援事業補助金
  • 学生のインターンシップ参加促進
  • 優秀なスポーツ選手・スポーツ指導者の県内定着推進事業
  • 獣医師として就業希望の獣医学生へ卒業前の修学資金貸与
  • 林業に就業し県認定の研修期間で研修を受ける人へ給付金の給付
  • 福祉人材センター運営事業と介護人材マッチング支援
  • 保育士に向けてのサポート事業
  • 青年就農支援事業

これらのほかにも、県内企業や自治体が参加する合同企業説明会・就職転職相談会・就活イベントなどを定期的に開催したり、地域おこし協力隊を募集したりと、県内での仕事のサポートが充実している。

新潟県では就職や転職の他に、農業や林業、漁業、医療福祉、起業など、仕事の分野別に相談窓口や関連サイトを設けていて、移住先での仕事を探している人がほしい情報が分かりやすく手に入る。

参考:にいがたで働く|新潟U・Iターン総合サイト にいがた暮らし

住まいの支援

新潟県では、住まいに関する2つの支援を行っている。

  • 一定の条件を満たした東京圏から新潟に引っ越した人へ単身最大60万円、2人以上の世帯で最大100万円の移住支援金を支給
  • 新潟県各地方と佐渡に用意されている「お試し居住施設」を格安で体験可能

新潟県での暮らしを始める前に、お試し暮らしをして観光だけでは分からない新潟の魅力を体感するのもおすすめだ。

ほかにも、新潟の空き家を探す空き家情報検索システムもあり、移住先での住まいを探すことができる。

子育て支援

新潟は仕事と子育てが両立できる県だ。地域の子育て支援拠点数は人口当たり全国第1位、待機児童数は0、そして県内の8割の子育て女性が仕事をしている。

県内では社会が全体で子育てを応援する、という機運を高めるため、仕事と子育ての両立支援を積極的に進める企業を認定している。

このことから安心して子育てができ、育児が一段落した女性もスムーズに復職できる環境が整っている。

新潟県では、結婚と子育てのポータルサイト「ニイガタで、幸せに。ハピニィ」を運営。各市町村の子育ての取り組みが検索できたり、子育てに関するセミナーを開いたりしている。

新潟県は自然公園面積が全国で第2位、スキーやスノーボードができるスポットの数が全国第3位、海水浴場数が全国第5位と、大人も子どもも楽しめるレジャーが多数あり、子育て移住も生活を満喫できるだろう。

参考:にいがたを知る|新潟U・Iターン総合サイト にいがた暮らし
参考:にいがた子育てのススメ|新潟U・Iターン総合サイト にいがた暮らし

新潟移住|支援制度(補助金)が充実しているおすすめ自治体(市町)7選

新潟移住|支援制度が充実しているおすすめ自治体7選

ここからは、新潟県のなかで移住支援制度が充実している自治体を紹介していく。

三条市(さんじょうし)

三条市(さんじょうし)
出典:【移住定住支援サイト】三条で暮らす。(三条市公式)|note

三条市(さんじょうし)は東京駅から2時間あれば到着できる燕三条駅があり、アクセスの良さが移住者に人気のエリアだ。

燕三条地域は、金属加工技術の高さを誇る刃物などの金属製品加工業が盛んで、ものづくりの街として繁栄してきた。

また、市の北西部は信濃川と清流として有名な五十嵐川が流れ、米作りも盛んだ。

市内には保育所から高校まで、66の教育機関がある。医療機関も病院が7施設、診療所が66施設、歯科診療所が53施設と充実している。

三条市では県外から移住する人に対して、「三条市移住・定住支援補助金」制度がある。

これは、空き家バンクを利用して市外から転入する人や、県外から転入し民間の賃貸住宅に住む人に向けて補助金が交付される制度。

住宅補助が受けられるという点から新潟県内でも移住先に選ばれやすい。

三条市では、就職ガイダンスや企業訪問バスツアーなどを実施したり、「三条おしごとナビ」というホームページに市内の求人情報を掲載したり、年に20回程度移住希望者向けに就職支援イベントを開催したりしている。

三条市に移住した人のなかには、市内の中小企業オンライン座談会をきっかけに就職した人もいる。

三条市では移住を考えている人の希望に合わせたオーダーメイド型の移住体験を実施したり、移住コンシェルジュの配置や市内の企業の事業継承の情報などを移住希望者と共有したりと、移住へのサポートが充実している。

燕市(つばめし)

新潟市と長岡市の間にある燕市(つばめし)は、東京から上越新幹線を使って約1時間40分でアクセス可能だ。

金属加工産業が主な産業で、スプーンやフォークなどは国内生産シェア9割以上。

ものづくりの現場を開放するイベントが年に一度行われる。移住先で、ものづくりの仕事に携わりたいと考えている人は一度訪れてみるのも良いだろう。

市内には23の保育園と幼稚園が1つ、こども園6つ、22の小中高校施設がある。保育園の数が多く、子連れで移住し働きたいと考えている人にもおすすめの地域だ。

燕市の移住支援例

  • 【住まい】燕市移住者住宅支援事業補助金
  • 【住まい】移住家族支援事業
  • 【仕事】テレワーカー交通費補助金
  • 【仕事】市内のシェアオフィス・サテライトオフィス
  • 【子育て】子ども医療費助成

テレワークを希望する人に向けての支援があることに注目だ。

津南町(つなんまち)

津南町(つなんまち)
出典:津南で田舎暮らし

中越地方に位置する津南町(つなんまち)は、冬の積雪が3mを超える豪雪地帯。ただし、このおかげで名水と美味しい農産物や山菜などが自慢だ。

豪雪地帯として知られる津南町だが、除雪オペレーションが充実していることから、人が住んでいる地域は雪が残らず生活で不便を感じない。

町内には除雪車が周回していて、道路や歩道の雪をきれいに除いてくれる。

雪国だからこそ楽しめる、かまくら作りや雪を使ったイベントや伝統行事があるのも津南町の特徴だ。

津南町へは、観光で訪れたことで移住を決めた人や、津南町で新しく仕事をしたいという人が移り住んでいる。地域おこし協力隊の募集を通して移住したという人も。

町内には空き家があり、町では空き家バンクを通じて住民を募集。移住した人のなかには、空き家バンクを通じて住みたい場所を津南町で見つけるというパターンもある。

津南町の支援制度例

  • 【住まい】定住促進住宅
  • 【住まい】津南町U・Iターン促進住宅支援事業補助金
  • 【住まい】お試し居住施設
  • 【仕事】U・Iターン学生就職面接等交通費助成事業補助金

津南町民の約8割は町内で働いていて仕事は豊富にある。一番多いのは、津南町の主産業でもある農業だ。

ほかにも介護福祉や小売業、製造業などがある。津南町で働きたい人のための企業紹介サイトもあるのでチェックしてみよう。

湯沢町(ゆざわまち)

湯沢町(ゆざわまち)
出典:湯沢町移住・定住支援ポータルサイト

湯沢町(ゆざわまち)と東京は新幹線を使えば約1時間15分で到着でき、自然と都会を気軽に行き来できる町だ。

新潟県の南端にある湯沢町は、自然が豊かな山間の町。小説の舞台ともなった豪雪地帯でもある。スキー場と温泉のある町としても知られ、上越新幹線が開通してからさらに発展を遂げた。

雪の多い町だがいろいろな対策を講じているため、道路が通れなくなるなどの不便はない。

湯沢町には、認定こども園・小学校・中学校が一体となった公立としては全国で初めての教育施設「湯沢学園」がある。

幼少期から途切れのない教育を受け、子どもたちは大自然の中で学力とともに豊かな人間性をはぐくむ。

湯沢町では他にも総合子育て支援センターや病児保育室、キッズスペースなど子育て世帯へのサポートが充実している。

子どもを持つ世帯が気になる病院も、町内の保健医療センターが365日24時間診療を行っていて、急な病気にも対応してもらえるので安心だ。

湯沢町の移住支援例

  • 【仕事】移住促進のための新幹線通勤補助金
  • 【仕事】起業支援補助金
  • 【住まい】U・Iターンのための賃貸住宅家賃等補助金
  • 【住まい】湯沢町への移住促進のための住宅取得補助金
  • 【子育て】18歳までの医療費全額無料

佐渡市(さどし)

佐渡市(さどし)
出典:佐渡島に住もう

佐渡市(さどし)は、新潟県の北西にある佐渡島の市だ。日本最大の離島の周りをぐるりと海が囲み、美しい海岸線が望める。

島は渡り鳥の休息地でもあり、特に国指定の特別天然記念物であるトキと共生する環境づくりを目指している。

2021年、佐渡市に移住した人数はIターン・Uターン含め503名。うち326名が40歳未満の移住者だった。

佐渡UIターンサポートセンターへ、移住の相談に来る人の年代は20~30代が多く、若い人たちに佐渡への移住が注目されているのが分かる。

離島では、「教育機関や医療機関は充分に整っているか」という不安があるかもしれないが、佐渡市は保育園から高校まで68の施設があり、医療機関も病院が6つ、診療所と歯科診療所合わせて51ある。

佐渡市の主な移住支援例

  • 【住まい】若者移住家賃補助事業(月額上限2万円を1年間補助)
  • 【住まい】若者定住引越費用補助事業
  • 【住まい】空き家改修費等補助事業
  • 【住まい】空き家情報システム制度
  • 【仕事】佐渡島インターンシップ事業
  • 【仕事】雇用機会拡充事業
  • 【移住全般】佐渡UIターンサポートセンター
  • 【子育て】子どもの医療費助成
  • 【子育て】3歳から5歳の幼稚園・保育園利用料無料

詳しくは佐渡市の移住情報を確認してほしい。

糸魚川市(いといがわし)

糸魚川市(いといがわし)
出典:いといがわ移住サポートサイト わたしのいと

新潟県の南西部に位置する糸魚川市(いといがわし)は、富山県と長野県に隣接する市である。

北陸新幹線の糸魚川駅が開業したことにより、首都圏だけでなく、大阪や他の北陸地方へもぐっとアクセスしやすくなった。

ヒスイという石がとれ、海も山も近く温泉も多い。夏は海水浴をはじめとするマリンスポーツ、冬はスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツを楽しめるのも魅力だ。

糸魚川はさまざまな支援策で移住者をサポートしている。

糸魚川市の主な支援例

  • 【住まい】UIターン促進家賃支援事業補助金
  • 【住まい】雇用促進住宅
  • 【住まい】UIターン促進空き家取得支援事業補助金
  • 【仕事】ふるさと就職資金貸付制度
  • 【仕事】雇用促進事業(企業説明会・企業見学)
  • 【子育て】子ども医療費助成制度

ほかにも移住体験ツアーや移住体験交通費補助など、短期間糸魚川へ行って暮らしの体験ができるような支援も行っている。

上越市(じょうえつし)

上越市(じょうえつし)
出典:移住・定住|上越市

北陸新幹線の開通により、東京から上越妙高駅まで2時間ほどで行くことができ、首都圏への通勤も可能になった上越市(じょうえつし)海や山の豊かな自然に囲まれて暮らすことができるエリアだ。

上越市は海岸部を除いた土地は豪雪地帯でもあり、冬はスキーが楽しめる。日本で初めてスキー技術が伝えられたとされる金谷山スキー場は、上越市にある。

上越市は、民間企業や団体などと協力し、子育て世帯に向けてさまざまなサポートを行っている。

「上越市子育て応援ステーション」では、市内での子育てに関する情報を検索できる。子育て移住を考えている人はぜひ確認をしてほしい。

上越市の主な移住支援制度例

  • 【住まい】まちなか居住推進事業補助金(空き家の片付け支援や購入支援)
  • 【住まい】移住定住応援住宅取得費補助金
  • 【仕事】上越地域医療センター病院看護職員奨励金
  • 【仕事】新規就農者大型特殊免許等取得費補助金
  • 【仕事】新規就業者農業実践研修支援事業費助成金

上越市ふるさと暮らし支援センターでは移住に関する相談を受けられる。

新潟移住で事前に把握しておくべき注意点

新潟移住で事前に把握しておくべき注意点

新潟に移住してから後悔のないよう、移住前に把握しておきたい注意点を紹介する。

首都圏から移住の場合は気温差に注意

首都圏から移住してくる場合は、新潟県との気温差に注意しよう。新潟県は東京都よりも北の方にあるため、特に冬の気温は低めだ。

新潟県内でも雪が多く降る地域は寒さももっと増すだろう。暖かい地域からの移住は気温差に注意したい。

移住後の仕事について調べておくこと

テレワークの普及により、住む場所を変えても仕事を変えずにいられることを理由に移住を考える人も多い。

ただ、住む場所を新しくするなら仕事も新しいことをしたいと考える人もいるだろう。

移住と同時に就職・転職したいなら、できるだけ事前に情報収集をしておきたい。地方には一般企業への就職の他に、起業や継業などのチャンスもある。

移住先でどのような仕事をしたいかをイメージしながら、仕事を検討しよう。

子連れ移住なら自治体の支援を確認

子連れ移住は、移住先の子育て支援が多い場所を選ぶようにしよう。自治体によって子育て支援の内容はさまざまだ。

子育て支援に特化したサイトを運営する自治体もあるので、そのようなサイトをよく読んでおこう。

また、子育て支援と同じくらい大切なのが、医療機関や教育機関についての情報を入手しておくこと。環境が変わると子どもの体調も変化しやすい。

何かあったときにすぐ診てもらえる病院があるか、移住先で仕事を続けたいなら保育園の状況や待機児童はどうかなど、自治体の状況を確認しておこう。

交通事情も調べておこう

新潟県内は、公共交通機関が充実している場所、車がないと不便な場所などいろいろなエリアがある。自分が住みたい土地の交通事情は事前に知っておこう。

仕事先を変えずに移住しやすい新潟県を選択肢のひとつに

仕事先を変えずに移住しやすい新潟県を選択肢のひとつに

新幹線開通によって首都圏への通勤が身近となった新潟県。仕事を変えずに移住が叶う県としても注目だ。

美しい自然と美味しい食べ物が魅力な新潟県を移住先の選択肢のひとつとして検討してほしい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次