青森移住を叶える!メリット・デメリットと支援制度(補助金)充実のおすすめ自治体まで

青森移住を叶える!メリット・失敗しないための注意点と支援制度(補助金)充実のおすすめ自治体まで

最新ニュースやイベント情報を配信!メルマガ会員募集中♪

読者限定プレゼントキャンペーン実施中♪
自分仕様のTOYOTAハイエースでのびのび楽しむ、私らしいワーケーションスタイル

自分仕様のTOYOTAハイエースでのびのび楽しむ、私らしいワーケーションスタイル

自分らしくいられる場所で好きなものに囲まれながら、仕事と遊びを両立したい!というあなたにおすすめなのが、ゆとりある車内空間を持つトヨタ・ハイエース。

なかでもHIACE Field Monster Packageなら広々とした車内空間を有効活用して、移動できる自分だけのお気に入り空間を作ることもできちゃうんです。

テーブルや座り心地の良いクッションを準備して、おいしいコーヒーを淹れるための道具や食器、お菓子も忘れずに設置。マイルーム&カフェのセッティングが自由自在です!

カーライフグッズが当たります!

ワーケーションやアウトドアにも使えて、自分らしいカーライフを叶えるグッズを展開する Customizing.jpから、「TRDウォレットドリンクホルダー」を読者の方から抽選で10名様にプレゼント!

下記の応募フォームよりご応募ください。
※応募期間:5月21日(火)23:59まで

移住先を探している方のなかには、青森県が気になっている方も多いのではないだろうか。青森は、豊かな自然や日本が誇る文化など、多くの魅力がある。

本記事では、青森に移住するメリットや事前に把握しておくべき注意点に加え、移住支援制度やおすすめの自治体(市町)まで詳しく解説する。

目次

移住する前に知っておきたい青森県の基本情報

移住する前に知っておきたい青森県の基本情報

青森県への移住を考えるにあたって、まず土地柄を知ることが大切だ。地理、人口、気候、産業など、青森県の基本情報から押さえていこう。

地理

青森県は、本州の最北端にあり、岩手県と秋田県に隣接している。2020年4月時点で10の市、22の町、8の村があり、すべて合わせると40市町村だ。

参考:場所・気候|青森県

人口

青森県の人口は、令和2年10月1日時点で、1,237,984人だ。全国では第31位に位置し、比較的人口の少ない県と言える。

参考:青森県の人口と面積|青森県

気候

青森県の気候は、中央部にそびえる奥羽山脈を境に、日本海側と太平洋側で特徴が異なっている。

日本海側は、山脈に湿った空気がぶつかることで雪が多い。太平洋側には、冷たい北東風が吹き、夏に気温が低くなる日が続く傾向がある。

季節の移り変わりがはっきりしているのも特徴だ。季節の傾向がわかりやすいため、美しい自然を楽しみながら、季節ごとの準備によって快適に過ごすことができる。

参考:場所・気候|青森県

産業

青森県は、全国的に農林水産業が盛んな県である。米、野菜、果実などさまざまな品目を生産しながら、それぞれのバランスが良いのが特徴だ。

なかでも、リンゴ、にんにく、ごぼう、アカイカ、ヒバの生産量は全国1位で、長いもやホタテガイ、クロマグロなどは全国2位に位置している。

また、県土の約66%を占める森林を生かし、林業も盛んだ。ヒバやブナ、アカマツなど地域それぞれの樹種を生育し、木材の利活用促進に取り組んでいる。

参考:青森県の産業(農林水産業)|青森県

青森に移住するメリット

青森に移住するメリット

青森に移住するメリットは、以下の4つだ。

  • 豊かな自然で育まれた海産物や農産物が身近にある
  • 通勤のストレスが少ない
  • 子育てしやすい環境が整っている
  • 魅力的なイベントが各地で開催されている

青森の良いところを知り、移住のイメージを膨らませよう。

豊かな自然で育まれた海産物や農産物が身近にある

青森県は豊かな自然を生かし、農林水産業が盛んであり、美味しい海産物や農産物が身近に多い。

スーパーでも購入できるため、美味しい食材を使った料理を食卓に並べられるのが魅力だ。

古くから青森に根付いている食文化も体験できる。郷土料理百選に選定されている、いちご煮やせんべい汁などをぜひ味わってみよう。

通勤のストレスが少ない

青森は全国的に人口が少ない県であるため、都市部から移住した場合、通勤ストレスから解放されるだろう。

面積こそ広いものの、通勤時間30分未満のエリアに世帯が多いため、通勤の負担が少ない傾向がある。通勤のストレスや負担が軽減できれば、のびのび暮らせるはずだ。

子育てしやすい環境が整っている

青森は、子育てしやすい環境が整っている県だ。

全国的に課題とされていた待機児童は、減少傾向に転じているものの、依然として保育所を利用できない児童が存在する。

青森の待機児童数は0人であり、保育所を必要とする児童がしっかり入所できているのが特徴だ。

育児支援を実施している自治体も多く、必要に応じて育児に必要な助成を受けることができる。

魅力的なイベントが各地で開催されている

青森では、青森ねぷた祭や弘前ねぷたまつりなど、歴史あるイベントが開催されている。

どれも活気あるお祭りで、青森の良さや歴史などを存分に感じられるため、余暇を充実させられるだろう。

また、北国ならではのアクティビティも楽しめる。ゲレンデでのウィンタースポーツ、海や湖、川でのマリンアクティビティなど、レジャーやスポーツを満喫できるのも魅力だ。

青森への移住で失敗する原因や注意点

青森への移住で失敗する原因や注意点

青森には多くの魅力がある一方で、注意点もいくつかある。デメリットを知らないまま移住すると、イメージとのギャップで不満を感じるケースもあるため、あらかじめ押さえておきたい。

青森県への移住で失敗する原因と注意点をチェックしていこう。

  • 冬の積雪や寒さに注意が必要
  • 移動には車が欠かせない
  • 求人や収入は都市部より恵まれていない
  • 方言など地域柄に慣れる必要がある

冬の積雪や寒さに注意が必要

青森は北国であり、冬には気温が下がり積雪も多い地域だ。雪が多く降れば、通勤前や休日に雪かきをする必要があり、体力的にきつくなることがある。

寒さに対応するために、暖房を常時使用する必要もあり、光熱費を計算しなくてはならない。寒さへの慣れや費用など、気候への理解と準備が必要だ。

移動には車が欠かせない

青森には、都市部に比べると公共交通機関が少ない。そのため、通勤やレジャーなどには車が欠かせない。

普段のショッピングにも必須であるため、車を持っていない場合は購入が必要だ。維持費用もかかるため、予算に余裕を持って移住の準備を進めたい。

求人や収入は都市部より恵まれていない

青森県の令和3年度の平均年収は、約374万円であり、全国平均を下回っている。

全国的には47都道府県中46位に位置しているため、都市部に比べると、収入が下がる可能性が高い。

求人も都市部より充実しているとは言えず、選べる求人の幅は狭くなるだろう。

移住に伴って転職する場合は、優先したい条件を明確にしたうえで、じっくりあなたに合った仕事を探すことが大切だ。

方言など地域柄に慣れる必要がある

メディアでも度々取り上げられているが、方言が特徴的なことが知られている。移住する地域によっては、言葉の意味がわからないこともあるだろう。

事前知識がまったくないと、方言や県民性に慣れず苦労してしまう。ギャップに苦しまないように、移住体験やツアーなどで青森の移住を体験するのがおすすめだ。

青森で実施している主な移住支援制度(補助金)

移住支援情報|あおもり暮らし
出典:移住支援情報|あおもり暮らし

青森では、住まいや暮らし、仕事などに対してさまざまな支援を実施している。移住相談ができる窓口もあるため、安心して準備を始められるだろう。

青森で実施している主な移住支援制度をチェックし、上手に活用してみてほしい。

住宅支援

住宅支援では、新築住宅の取得や空き家情報の提供、公共住宅の家賃軽減などの支援を各自治体で提供している。

自治体によって提供している支援が異なるので、移住を検討している自治体の制度の内容を確認しよう。

生活支援

生活支援として、暮らしに関わる支援を各自治体で実施している。例えば、藤崎町では、新婚世帯を対象に住宅取得や引越しなどに関わる費用を補助。

階上町では、保険診療による医療費の自己負担分を給付している。結婚や子育てなど幅広い支援を行っているので、各自治体の支援内容を確認してみよう。

就業支援

就業支援では、移住に伴って県内で就業した場合に、移住支援金を得られる制度を実施している。農業など産業に特化した制度もあり、就農や就漁なども検討しやすい。

移住支援金制度は、対象者や対象要件が定められている。対象に該当するかを慎重に確認しよう。

あおもり移住倶楽部

あおもり移住倶楽部は、青森県への移住に興味がある県外在住者を対象にした無料会員サービスだ。

移住に役立つ割引や特典を受けられ、移住関連情報も配信している。費用はかからないため、気軽に登録してみよう。

定住サポーター

定住サポーターとは、青森県に移住した方に向けて、あらゆるサービスや情報を提供している団体である。

検索フォームでエリアを指定することで、サービスの絞り込み検索が可能だ。移住後に役立つサービスだが、事前に目を通しておくのもおすすめだ。

青森で移住したいおすすめの自治体(市町村)6選

青森で移住したいおすすめの自治体(市町村)6選

青森のなかでも、移住におすすめしたい自治体は以下の通りだ。

  • 青森市(あおもりし)
  • 弘前市(ひろさきし)
  • 八戸市(はちのへし)
  • 五所川原市(ごしょがわらし)
  • 十和田市(とわだし)
  • 大間町(おおままち)

各市町村の特徴や支援制度を知り、移住するまちの候補として検討してみよう。

青森市(あおもりし)

青森市
出典:青森市移住・交流支援サイト|青森市

青森市は、青森県の中央に位置する県庁所在地だ。八甲田連峰や陸奥湾など自然に恵まれたまちで、リンゴやホタテなど食材も豊富。

青森ねぶた祭や三内丸山遺跡など、歴史的なイベントやスポットも多い。

移住者に対しては、オンライン移住相談移住体験などのサポートを実施している。また、各種支援制度や地域おこし協力隊の募集など、活用したい制度が整っているのが特徴だ。

弘前市(ひろさきし)

弘前市
出典:弘前ぐらし

弘前市は、新青森駅からJRで約40分の場所にある市。県の都市部からほどよく離れつつ、市街地に店舗が多く利便性が高い。

桜の名所である弘前城、四季折々の景色を見られる岩木山、世界自然遺産に登録された白神山地など、見どころが豊富だ。

移住支援制度のひとつとして、移住お試しハウスを提供している。一定期間生活体験ができるだけではなく、滞在中は移住相談も可能だ。

八戸市(はちのへし)

八戸市は、農水畜産業や商工業など多種多様な産業が集まる市。交通のアクセスも良く、通勤やショッピングなどの利便性に恵まれている。

市営書店や美術館などがあり、本とアートといった文化に囲まれているのも特徴だ。

青森は雪が多いイメージがあるが、八戸市は県内でも積雪が比較的少ない。雪が不安な方でも比較的暮らしやすいだろう。

移住支援では、子育てや教育、就業、住宅など幅広い支援を提供している。移住相談窓口も設置しているため、気軽に活用してみよう。

五所川原市(ごしょがわらし)

五所川原市
出典:ごしょぐらし

五所川原市は、津軽平野のほぼ中央に位置する市だ。白神山地を水源とし、豊かな自然を生かした穀倉地帯がまちを支えている。

日本海側の気候により積雪は多いものの、冬を楽しむイベントやウィンタースポーツを満喫できるだろう。

五所川原市では、出産応援給付金子ども医療費給付制度UIJターン若者就職奨励事業など、子育てや仕事への支援が豊富だ。

十和田市(とわだし)

十和田市
出典:日々コレ十和田ナリ

十和田市は、県の南に位置し、十和田湖や奥入瀬渓流などの景勝地がある。

市街地から観光地や駅、空港などがちょうどよい距離にあり、暮らしやレジャーのメリハリを付けられるのが魅力。

水資源に恵まれているため、農業が盛んだ。にんにくや長いも、ねぎ、ごぼうなどが多く生産され、スーパーや道の駅などで購入できる。

支援制度は、東京圏からの転入・就業者に対しての移住支援金や移住・定住住宅取得等支援事業補助金など、補助金制度が豊富。空き家バンク事業も実施し、空き家の情報収集もしやすい。

大間町(おおままち)

大間町
出典:大間町

大間町は、「大間のマグロ」で有名な本州最北端のまちだ。津軽海峡に面し、北海道の函館市汐首岬とは約17.5kmとほど近く、恵まれた海での漁業を中心に産業が営まれている。

農業も盛んで、大間牛や馬鈴薯なども有名。

特に力を入れている移住支援は、子育て支援だ。中学校3年生までの保険診療による医療費時負担額の助成、3~5歳児の保育料無償化など、子育て世帯に嬉しい制度を整えている。

青森への移住準備をはじめよう

青森への移住準備をはじめよう

青森には豊かな自然があり、美味しい海産物や農産物も魅力的だ。歴史あるイベントやレジャースポットなども多く、充実した余暇を過ごせるだろう。

青森では、住宅支援や生活支援、就業支援などの制度が充実している。気になる自治体の制度を確認し、上手く活用したうえで青森への移住を成功させよう。

最新ニュースやイベント情報を配信!メルマガ会員募集中♪

読者限定プレゼントキャンペーン実施中♪
自分仕様のTOYOTAハイエースでのびのび楽しむ、私らしいワーケーションスタイル

自分仕様のTOYOTAハイエースでのびのび楽しむ、私らしいワーケーションスタイル

自分らしくいられる場所で好きなものに囲まれながら、仕事と遊びを両立したい!というあなたにおすすめなのが、ゆとりある車内空間を持つトヨタ・ハイエース。

なかでもHIACE Field Monster Packageなら広々とした車内空間を有効活用して、移動できる自分だけのお気に入り空間を作ることもできちゃうんです。

テーブルや座り心地の良いクッションを準備して、おいしいコーヒーを淹れるための道具や食器、お菓子も忘れずに設置。マイルーム&カフェのセッティングが自由自在です!

カーライフグッズが当たります!

ワーケーションやアウトドアにも使えて、自分らしいカーライフを叶えるグッズを展開する Customizing.jpから、「TRDウォレットドリンクホルダー」を読者の方から抽選で10名様にプレゼント!

下記の応募フォームよりご応募ください。
※応募期間:5月21日(火)23:59まで

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次