沖縄への移住を失敗しないために知っておきたいポイントとやるべきこと

最新ニュースやイベント情報を配信!メルマガ会員募集中♪

読者限定プレゼントキャンペーン実施中♪

TOYOTAハイエースで実現する、ワンランク上のアウトドア&ワーケーション

春の陽光の中「遊びも仕事も、全力で楽しみたい!」というあなたにおすすめなのが、ゆとりある車内空間を持つトヨタ・ハイエース。

なかでもHIACE Field Monster Packageなら利便性の高い専用アイテムも豊富なので、様々なアウトドアシーンにフィット。

荷台も広いので、アウトドア用品はもちろんパソコンを持ち込み、環境を変えてリモートワークにも勤しむ——なんて使い方も可能です。

カーライフグッズが当たります!

ワーケーションやアウトドアにも使えて、自分らしいカーライフを叶えるグッズを展開する Customizing.jpから、「シエラカップ」を読者の方から抽選で10名様にプレゼント!

下記の応募フォームよりご応募ください。
※応募期間:4月29日(月)23:59まで

沖縄へ移住すると、青い海と空に囲まれた快適な暮らしが待っていると想像する方も多いのではないでしょうか。実際に住み始めてから、沖縄への移住は失敗だった?とならないためにはどのようなことに注意したら良いのでしょう。今回の記事では、憧れの沖縄移住を後悔しないためにはどのようなことに注意しなければならないのか、知っておくべきことをご紹介します。

目次

沖縄移住で失敗したと感じるポイント

美しい海や温暖な気候で人気の沖縄。南の島で暮らしたいと憧れる人は多いのではないでしょうか。沖縄へ移住した人のなかには、移住は失敗だったかも…と感じる人もいるようです。

沖縄移住を検討している方は、このポイントを知っておけば移住に対してすべきことが分かるかもしれません。

沖縄の暮らしについて

沖縄を観光で訪れた時は、美しい海や青い空に感動し、綺麗なホテルで快適に過ごすことができたでしょう。しかし、実際に生活してみると、美しい海や空は見慣れていき「日常」になってしまう方もいるかもしれません。

また、那覇市のような中心都市では生活に不便さを感じませんが、コンビニがない所や車がないと移動に困る地域もあります

沖縄は2023年に公表された公示地価変動ランキングで、全国第4位となっていることでも分かるように、地域によっては住居に関する費用は都心と変わりません。

家賃や家の購入費が安くなると期待していた方には、移住は失敗だった?と感じてしまうポイントになるかもしれません。

沖縄の気候について

沖縄の魅力のひとつに「温暖な気候」があります。沖縄の年間の年間平均気温は、22.7度で冬でも10度以下になることはほとんどありません。寒さが苦手な方には理想の土地だと言えるでしょう。

しかし、冬は昼間の気温は高くても朝晩は下がるため「寒い」と感じることもあります。また、風が強く吹くことも多く、気温が高くても冷えを感じる日も。

さらに、沖縄は一年を通して湿度が高く、降水量が多いことや台風の通り道にあたるため、長時間にわたり雨や風が強くなる日も多いことを知っておく必要があります。

沖縄の交通について

沖縄には、那覇空港からモノレールが通っている地域もありますが、大部分の地域はバスやタクシー、自家用車での移動が中心です。地元の人の多くは自家用車で移動し、観光客はタクシーやレンタカーで移動することが多いため、道路渋滞が日常茶飯事となっています。

特に観光地や休日などは道路が渋滞するため、時間に余裕を持って行動しないといけないため、考えている以上に移動に時間がかかってしまうのが現状です。

沖縄に移住する場合、住む地域によっては車が必要になることを念頭に入れ、購入費や維持費について検討しておきましょう。

沖縄の仕事について

離島である沖縄は、東京や大阪などの大都市に比べると仕事の種類も少なく働ける場所が少ないのが現状です。

沖縄の最低賃金は2023年10月1日現在896円です。前述したとおり、沖縄での住居費用は都心並みである一方、収入に関しては都心と比べると低賃金であるのが大変だと感じる人も多いよう。

沖縄へ移住しても現在の収入をキープしたいのであれば、今の仕事をリモートワークにするなどの工夫が必要です。

参考:令和3年度地域別最低賃金改定状況|厚生労働省

沖縄の物価について

沖縄は、食品などを運ぶために輸送費がかかります。そのため、物価は東京などの大都市とほとんど変わりません。ガソリンも本土よりも少し高いため、物価が安いとは言えないのです。

収入の面を見てみると、厚生労働省の調査によると、2022年の沖縄の平均収入は252万円です。全国で一番平均収入が高い東京の375.5万円に比べると、年間120万円ほどの差があります。

沖縄への移住を検討する場合、収入や生活費のことを考えて暮らしていけるかを十分検討しておくことが必要です。

参考:令和2年賃金構造基本統計調査|厚生労働省

沖縄の人間関係について

観光で沖縄を訪れたとき、沖縄の人たちの優しさに触れる機会があったかもしれません。沖縄の人は、のんびりしていて温かいという印象を持っている方も多いのではないでしょうか。

実際、沖縄の人たちは温かいのですが、沖縄を愛するがゆえに地元の人たちの結束が強い面があります。一族の結びつきをとても大切にするため、移住者を厳しい目で見る人がいるかもしれません。

沖縄へ移住したら、沖縄の歴史や文化を学び理解し、積極的に地域に溶け込む努力が大切です。移住後、気持ち良く暮らしていくためにも、地域のイベントに参加するなどして沖縄の人たちとの関係を築いていきましょう。

沖縄での子育てについて

沖縄のなかでも那覇市のような都心部には、子供が通う習い事や進学する学校が多くありますが、地域によっては学校の数や児童の数が少ないところがあります。

子供が興味を持ったことを伸ばしてあげたいと思っても、教えてくれる場所はない場合も考えられるため、そのときの対策を考えておかなければなりません。

さらに、沖縄には大学が少ないため、大学に進学する場合は県外の大学を選択することも視野に入れておく必要があります。家族で沖縄への移住を検討している方は、これらを踏まえた決断が必要です。

沖縄移住を失敗しないために知っておきたいメリット

沖縄移住にはさまざまなメリットがあります。移住を失敗だと感じないためにも、メリットについても知っておきましょう。

青い海と自然が楽しめる

沖縄へ移住すると、青い海や豊かな自然が暮らしの一部になります。見るたびに「美しい」と感じられる素晴らしい風景です。

美しい海は、何度見ても心を癒してくれますし、海だけでなく山や川などの自然を楽しむことができるのも沖縄の魅力。青い海を好きなときに見に行けるのは、沖縄移住ならではの贅沢なのではないでしょうか。

温暖な気候

南の暖かい島で暮らしたいなら、沖縄移住がおすすめ。前述したとおり、沖縄の年間平均気温は22.7度で一年を通して温暖な気候です。

冬は朝晩気温が下がるとはいえ、10度以下になることは滅多にありません。寒さが苦手で暖かいところに移住したい人にとって、沖縄はちょうどよい移住地になるのではないでしょうか。

花粉症の影響を受けにくい

沖縄にはスギやヒノキが少ないため、花粉症の影響がほとんどありません。本土でスギやヒノキの花粉症に悩んでいる方にとって、沖縄は理想の移住地になるかもしれません。

ただし、マツやイネ、サトウキビなどで花粉症の症状が出る方もいるため、一概に影響がないとは言えません。スギやヒノキの花粉に悩まされている方は、花粉が飛ぶ時期に沖縄を訪れて影響があるか試してみるのも良いかもしれません。

穏やかな県民性

沖縄には「ウチナータイム」という言葉が存在します。これは、沖縄の人たちの時間感覚を表したものです。

沖縄の人はおおらかでゆったりした性格の人が多く、集会やイベントの開始が予定通りにならないことなどを「ウチナータイム」と呼びます。

沖縄の方言で「なんくるないさ」という言葉がありますが、これは「なんとかなるさ」という意味です。物事を前向きに考えましょう、という沖縄の人たちが使う言葉。イライラしても仕方ない、なんとかなるよ。と考えられるおおらかさが沖縄の人たちの魅力です。

都会で時間に縛られて生きづらさを感じていた方は、そんなおおらかさに触れて穏やかな気持ちになれるかもしれません。

おしゃれなスポットが多い

沖縄には思わず写真を撮りたくなるようなおしゃれなスポットが多くあります。

那覇市にある首里城から続く「金城町石畳道」は、琉球石灰岩を敷き詰めた沖縄県指定文化財になっている石畳道。沖縄県北部にある約2万本のフクギの並木が1kmも続く「備瀬のフクギ並木」は、差し込む陽射しと落ち着いた静かな雰囲気を楽しめるスポットです。

また、沖縄県内にはSNS映えするような多くのカフェやレストランがあるので、移住後の休日を充実させてくれるでしょう。

沖縄移住を失敗しないためにやっておくべきこと

沖縄移住を失敗しないためには、どのような点に注意しておくべきなのでしょうか。

沖縄移住のメリット・デメリットをよく理解する

移住を検討する場合、移住先がどこであっても移住に関して大きなメリットがある一方で、デメリットもあることを十分に理解しておく必要があります。

沖縄移住でも同様で、メリットとデメリットの両方を理解して、納得したうえで移住を決めなければ失敗だったと感じてしまうかもしれません。

沖縄移住の目的を明確にする

移住先がなぜ沖縄なのか、なぜ沖縄へ移住したいのかをはっきりしておきましょう。

移住は、これまでの人生を変えるかもしれない大きなことです。仕事や住まいなど、すべての環境を変えてまで沖縄へ移住したい目的を明確にすることにより、移住後に失敗だったと感じることもないのではないでしょうか。

移住後の生活をしっかり計画する

沖縄への移住を実現するためには、移住後の生活をしっかり計画しておかなければなりません。

暮らしていくためには収入や住む場所が必要です。沖縄は収入の面でも求人の面でも、都会と比べると充実しているとは言い難いのが現状。理想は、可能であれば現在の仕事をリモートワークに移行することです。

移住後に仕事を探そうとしても見つからない場合があるため、現在の仕事をそのまま継続できるかの確認や仕事も住まいも決めておきましょう

移住に関する支援制度やサポートをリサーチする

移住を実現するとき、国や自治体の支援制度を上手に利用しましょう。移住に関する支援制度をピックアップしてご紹介します。

国が推進する地方創生事業で、東京23区(在住者または通勤者)から地方へ移住する方、地方で起業する方に対して自治体が支援金を交付する制度です。
※2023年度は、伊江村とうるま市が対象

保育士不足が原因による待機児童の解消を図る制度です。県外から保育人材を確保することを目的に、県外在住の保育士に対して県内の認可保育施設で働くための引っ越し費用や渡航費などの移住費用を支援します。

このような支援制度を使って、移住にかかる費用を抑えましょう。

お試し移住などを利用して実際に住んでみる

沖縄への移住を決めたら、一定の期間地域での生活を体験できる移住体験に申し込んでみましょう。インターネットなどで移住に関する情報を集めるだけで移住してしまうと、移住後に理想通りではなかった、失敗だったと感じてしまうことがあるかもしれません。

移住体験住宅で地域の暮らしを実際に体験することで、沖縄での暮らしを感じることができます。移住を成功させるため、沖縄の暮らしを体験してみてください。

沖縄移住を失敗しないようにしっかり準備しよう

美しい海や暖かい気候で人気の沖縄。移住を失敗しないためには、事前の準備が重要です。沖縄移住のメリット・デメリットを知っておくこと、支援制度を活用することで移住を具体的なものにすることができます。

移住に対して不安や心配がある場合は、移住応援サイトや自治体の相談窓口を利用して解決し、沖縄への移住を実現させましょう。

最新ニュースやイベント情報を配信!メルマガ会員募集中♪

読者限定プレゼントキャンペーン実施中♪

TOYOTAハイエースで実現する、ワンランク上のアウトドア&ワーケーション

春の陽光の中「遊びも仕事も、全力で楽しみたい!」というあなたにおすすめなのが、ゆとりある車内空間を持つトヨタ・ハイエース。

なかでもHIACE Field Monster Packageなら利便性の高い専用アイテムも豊富なので、様々なアウトドアシーンにフィット。

荷台も広いので、アウトドア用品はもちろんパソコンを持ち込み、環境を変えてリモートワークにも勤しむ——なんて使い方も可能です。

カーライフグッズが当たります!

ワーケーションやアウトドアにも使えて、自分らしいカーライフを叶えるグッズを展開する Customizing.jpから、「シエラカップ」を読者の方から抽選で10名様にプレゼント!

下記の応募フォームよりご応募ください。
※応募期間:4月29日(月)23:59まで

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次