【湘南移住】エリアごとの特徴と人気の理由!活用すべき主な支援制度とおすすめの市町村(自治体)10選も

湘南移住で活用すべき主な支援制度とおすすめの市町村(自治体)10選!エリアごとの特徴と人気の理由も

海と山に囲まれた自然が身近な環境ながら都心からのアクセスも良い湘南は、観光地としてだけでなく移住先としても人気が高い。

子育て支援が充実している自治体が多いことから、子育て世帯にもおすすめのエリアだ。今回は湘南移住のメリット・デメリットや移住に活用できる支援制度、移住におすすめの自治体を紹介する。

目次

移住する前に知っておきたい湘南の基本情報

移住する前に知っておきたい湘南の基本情報

神奈川県の海岸地域にある湘南は、温暖な気候の避寒地でもあり、古くから東海道の宿場町として栄え、名士の別荘としても選ばれてきた歴史を持つ。

天皇や皇族の別荘である御用邸が葉山にあることは有名だが、関東大震災までは鎌倉にも御用邸が存在していた。

湘南は首都圏からのアクセスが良いところも大きなポイントだ。さらに、湘南はエリアによって違いがあるが、駅周辺に大型商業施設や飲食店などが充実しているところもあり、必要なものはなんでも揃えられる。

この利便性の高さも、湘南が観光地としてだけでなく移住先として選ばれる理由だろう。

どこまでが湘南地域?

実は湘南というエリアに明確な定義は存在しない。広い定義では、小田原から三浦半島までを湘南と呼ぶこともあるが、大磯町から逗子市あたりまでを湘南と呼ぶことが多い。

ひと口に湘南と言ってもエリアごとにそれぞれ特色がある。雰囲気やお店の数、家賃や土地の価格などはエリアによってさまざまだ。

湘南移住の前に知っておきたい各エリアの特徴

湘南移住の前に知っておきたい各エリアの特徴

湘南はエリアごとに特徴があるため、ざっくりと中央部・東部・西部に分けてエリアごとの特徴を解説していく。

自分たちの理想の暮らしと照らし合わせながら、それぞれの特徴を確認してみよう。

湘南エリア中央部

湘南エリアの中央部には、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市がある。

中央部の各都市には、JR東海道線が開通しており都心部へのアクセスが良い。また、駅周辺には大型ショッピング施設や飲食店も充実している。

特に辻堂は「本当に住みやすい街大賞2022」で第1位を獲得するなど、生活のしやすい街として注目が集まっている。

辻堂駅の北口にある湘南エリア最大級のショッピングセンター「テラスモール湘南」があり、商業施設も充実。辻堂駅の南側には広々とした「辻堂海浜公園」があるなど、自然も身近な環境だ。

湘南エリア中央部は、「海のそばで暮らしたいけど、都会的な便利さもほしい」という人に最適な移住先だと言える。

参考:本当に住みやすい街大賞2022|ARUHI

湘南エリア東部

湘南エリアの東部には、観光地としても人気の高い鎌倉市や逗子市、葉山町がある。

湘南というと海のイメージが強いが、鎌倉や逗子、葉山は山の街でもあり、ハイキングに最適な山が住宅地のすぐそばに広がっている。

逗子市は「SUUMO 住み続けたい自治体ランキング2021」神奈川部門で1位、首都圏でも4位を獲得した、住民からの支持の厚い住み良い街だ。

鎌倉や葉山、逗子は、いずれもさまざまな魅力を持つ人気の高い土地だ。その分、家賃や土地、物価は高めである点は理解しておこう。

参考:SUUMO 住み続けたい自治体ランキング2021(PDF)

湘南エリア西部

湘南エリアの東部には、大磯町や二宮町、中井町などがある。湘南エリアの中央部や東部と比べると、落ち着きがあり地に足のついた湘南ライフを送ることができる。

海や山など自然豊かな環境で、そこで採れる新鮮な食材も魅力のひとつだ。西部の地域は、比較的家賃や土地の値段が安いところも多いため、移住にかかる費用を抑えられるのも嬉しいポイントだ。

有名な観光地から少し離れはするが、電車やバス、車などを利用すれば、気軽に立ち寄ることができる。

憧れの湘南ライフ|移住人気が高い理由は?

憧れの湘南ライフ|移住人気が高い理由は?

湘南エリアには、さまざまな魅力があるが、ここでは湘南が移住先として人気が高い理由を7つピックアップした。

  • スローライフを叶えられる
  • サーフィンや海水浴などマリンスポーツを楽しめる
  • 都心や観光地へのアクセスが良い
  • 子育て支援が充実している
  • 大型商業施設があり買い物にも便利
  • おしゃれなお店やスポットが多い
  • 移住者が馴染みやすい環境

まずは湘南移住のメリットを理解し、移住を検討するヒントにしよう。

スローライフを叶えられる

湘南と聞いたとき「青い海や青い空」をイメージする人も多いだろう。東京にほど近い位置にありながら、自然が身近な湘南はスローライフを叶えるには絶好の移住先だ。

湘南といえば海の印象が強いが実は山も多く、鎌倉アルプスや源氏山など魅力的なハイキングコースも多数存在する。

湘南に移住すれば、海と山に囲まれた憧れのスローライフを叶えられるだろう。

サーフィンや海水浴などマリンスポーツを楽しめる

湘南の海と言えば、江ノ島や鎌倉が定番だが、サーファーに人気の「サザンビーチ茅ヶ崎」やゆったりとした雰囲気の「逗子海岸」、海と山を一度に楽しめる「一色海岸」もおすすめだ。

海から望む富士山など、最高なロケーションのもとサーフィンやマリンスポーツ、散策を楽しめる湘南は、海好きな人にとってはたまらない環境だと言えるだろう。

また、湘南の海岸沿いには、店から海を望めるカフェや飲食店なども多い。海沿いに立ち寄った際は、ぜひそれらのスポットにも足を運んでみよう。

都心や観光地へのアクセスが良い

湘南移住のひとつに、都心や観光地へのアクセスの良さも挙げられる。

湘南エリアの中央に位置する藤沢駅からは、東京駅まで約45分、新宿駅まで約50分でアクセス可能だ。

また、藤沢駅から鎌倉までは電車で約10分、車があれば箱根や熱海まで1時間以内で到着できる。

子育て支援が充実している

湘南は子育て支援が充実している自治体が多いのも魅力だ。特に藤沢市は「主婦が幸せに暮らせる街ランキング」で1位を獲得したこともある、ファミリー世帯からの支持も厚い街だ。

藤沢市では、認可保育所の新設や再整備を進め、2021年4月1日現在の待機児童数はゼロとなっている。

子育ての悩みに関する窓口も悩みに応じて設置されているため、悩みに応じて適切な助言を受けることも可能だ。

また、湘南には高校だけでなく大学や短大、専門学校も数多く存在する文教地域でもあるため、学校の選択肢が広い。

大型商業施設があり買い物にも便利

辻堂駅周辺には、湘南地域最大級のショッピングモール「テラスモール湘南」やショッピングモール「湘南モールフィル」、藤沢駅周辺には「ルミネ藤沢」「リエール藤沢」「湘南藤沢オーパ」など、湘南には大型ショッピングモールが複数存在する。

住む地域によっては、少々買い物に不便なエリアもあるが、少し足を伸ばせば大抵のものは揃えることができる。

江ノ島や水族館、映画館、夜景が楽しめるスポットなど、おでかけスポットが多く、休日が充実すること間違いなしだ。

おしゃれなお店やスポットが多い

湘南にはおしゃれな飲食店やアパレルショップ、雑貨店なども多い。

オーシャンビューを楽しみながら食事を楽しめるカフェやレストランも充実しているため、デートスポットとしても人気だ。

移住者が馴染みやすい環境

湘南エリアは移住者が多く、偏ったコミュニティもないので「移住先での人間関係が心配」という方でも安心して生活できる。

都会ではあるが、東京よりもゆったりした温かい人が多いのも特徴。人の良さも湘南の魅力だと言えるだろう。

湘南移住で失敗や後悔しないためのチェックポイント

魅力の多い湘南移住だが、注意しておきたいポイントもいくつか存在する。移住後に失敗や後悔しないためにも、以下のポイントを押さえておこう。

  • 渋滞や観光客が多い
  • 物価や家賃は高め
  • 塩害がある
  • 津波の危険性がある

渋滞や観光客が多い

湘南は人気の観光地でもあるため、渋滞が発生しやすく、街に人が溢れることも多い。

落ち着いた生活を送りたい場合は、人気の観光地から少し離れた場所を移住先として選ぶことをおすすめする。

物価・家賃は高め

湘南のどのエリアに移住するかにもよるが、湘南の物価や家賃は決して安くはない。

例えば藤沢駅周辺の家賃の相場は、1Kで約7万円、鎌倉駅周辺でみてみると1Kで約7万5千円だ。

ただし、二宮駅の場合1Kで4万円から5万円となっており、藤沢や鎌倉と比べて数万円も安くなっている。同じ湘南エリアでも、住む場所によっては安い賃料で賃貸を借りることが可能だ。

生活費を抑えて生活したい人は、人気の地域から少し離れた場所への移住も検討してみよう。

参考:藤沢駅の家賃相場情報|LIFULL HOME’S

塩害がある

湘南は海が身近な環境というのがメリットでもあるが、海のそばで生活するのであれば、注意しておきたいのが「塩害」だ。

塩害を簡単に説明すると、塩分を含む海風などにより、金属が錆び付いたり植物が枯れたりする現象のこと。

塩害の影響は、距離によっても違いがあり、一般的には海岸から7kmほどの距離までは影響があるといわれている。

塩害は建物や木の密集具合でも軽減されるため、自宅を決める際は、海からの距離や周辺の環境などにも注意しておこう。

津波の危険性がある

海が身近にあるということは、津波の危険性もあるということだ。

東日本大震災で到達した津波の最高到達点は40.5mといわれているが、東北エリアと鎌倉や七里ヶ浜エリアでは地形が異なる。

移住先として考えているエリアの津波最高到達点や到達時間については、県が公表している「津波浸水予測図における地区海岸ごとの最大津波高さと到達時間の修正」を参考にすると良い。

湘南への移住を考える人は、海が身近な環境を希望することも多いと思うが、理想の湘南ライフと災害リスクをしっかり検討したうえで移住先を決定しよう。


参考:津波浸水予測図における地区海岸ごとの最大津波高さと到達時間の修正|神奈川県

湘南移住|支援制度が充実している市町(自治体)おすすめ10選

湘南移住|支援制度が充実している市町(自治体)おすすめ10選

移住を成功させるためには、移住先が自分の目的や希望と合っているかという点をしっかり吟味することが大切だ。ここでは、移住サイトとしておすすめの湘南エリアの市町(自治体)を厳選して紹介する。

具体的に移住先が決まっていないという場合は、以下の自治体を移住先の候補として考えてみよう。

逗子市(ずしし)

逗子市(ずしし)
出典:逗子で暮らそう!|逗子市

逗子市は、三浦半島の付け根に位置する市で、横浜市・鎌倉市・葉山町・横須賀市と接している。

明治時代から避暑地や別荘地として人気が高く、現在は東京・渋谷まで約60分、横浜まで約30分というアクセスの良さからベッドタウンとしても発展してきた。

逗子市は、街がコンパクトで静かなのが特徴だ。駅周辺にスーパーや魚屋、直売所、飲食店が集まり、少し歩くと逗子海岸が広がる。

この必要な機能がぎゅっと凝縮した利便性の高さも逗子の魅力だと言えるだろう。

市内に移住を考えている人を対象にオンラインでの相談を実施しているので、気になる人は気軽に参加してみよう。

二宮町(にのみやまち)

二宮町(にのみやまち)
出典:移住促進|湘南 二宮町

神奈川県の西南部に位置する二宮町は、大磯町や中井町、小田原市と隣接しており、南部は相模湾に面している。

水仙・菜の花・桜・つつじ・白藤など四季折々の花が楽しめる「吾妻山公園」や、蛍が生息する「せせらぎ公園」など、美しい自然に触れ合えるのも二宮町の魅力だ。

二宮町では大磯町と共同で、移住を希望する人を対象に、実際に地域へ滞在してもらうお試し移住体験を提供している。

お試し移住体験では、参加者は実際に滞在し街の様子などを体感できる。先輩移住者との懇親会も設けているため、「実際に移住してどうだったか?」情報交換することも可能だ。

また、町への移住を希望する人や関心のある人に向けた個別相談会を実施しているので、気になる方は一度参加してみよう。

中井町(なかいまち)

中井町(なかいまち)
出典:移住・定住|神奈川県 中井町

中井町は、神奈川県の南西部に位置する緑豊かな町だ。町の北部には東名高速道路のインターチェンジが開設されており、都心部から車で1時間弱の距離にある。

自然豊かな里山の魅力と、便利で快適な都市的な生活の両方を持ち合わせた、バランスの良さが特徴。「田舎暮らしをしてみたいけど、都会の便利さも捨てがたい」という人におすすめの移住先だ。

中井町では、空き家バンクや子育て・若年夫婦世帯空き家改修事業補助金として、町への定住を目的に空き家を取得し、住宅の改修をしようとする子育て世帯および若年夫婦世帯に対して、最大100万円を支給している。

また、町へUターンなどで三世代同居などに要する住宅取得および住宅改修にかかる費用を最大80万円補助する取り組みも行っている。オンライン移住相談も行っているので、気になる方はチェックしておこう。

葉山町(はやままち)

葉山町(はやままち)
出典:葉山町

葉山町は相模湾に面した落ち着きのある町だ。海のイメージが強いが、内陸は山となっているため、海と山、両方の美しい自然を楽しめる。

このロケーションの良さから、葉山には別荘や保養地が多く建設されてきた。葉山町に電車は通っていないが、近隣の逗子市にはJR逗子駅と京急新逗子駅があり、朝の時間帯には逗子駅に向かうバスが10分に1本のペースで運行している。

移住支援に関する制度は少ないが、0歳〜中学3年生の子どもの通院や入院にかかる医療費の助成や、児童手当など子育てに関する支援が充実しているため、子育て世帯におすすめの移住先だと言えるだろう。

寒川町(さむかわまち)

寒川町(さむかわまち)
出典:さむかわの移住相談

神奈川県のほぼ中央に位置する寒川町は、一級河川の相模川が悠々と流れる自然豊かな町。

相模國一之宮と称され、年間約200万人もの人々が訪れる寒川神社があることでも有名だ。1年を通して祭典や神事も数多く行われており、毎年開催される迎春ねぶたも見応えがある。

寒川町では、町役場の窓口や電話、オンラインによる移住相談も実施しているので、町への移住を検討している人は、一度問い合わせてみよう。

大磯町(おおいそまち)

大磯町(おおいそまち)
出典:移住・定住情報|大磯町

大磯町は、南は相模湾、北には高麗山や鷹取山をはじめとする丘陵地帯が広がる自然豊かなエリアで、大磯ロングビーチがあることでも知られている、

また、総理大臣経験者や財政界の重鎮たちの別荘が数多く建築され、保養地としても親しまれてきた。漁港や農家もあるため、美味しい食材が手に入りやすいのも魅力のひとつだ。

大磯町では移住支援総合窓口を開設しており、電話・メール・オンラインにて移住に関する相談が可能だ。

また、町が主催、もしくは参加する移住・定住イベントも開催しているので、定期的に町のホームページをチェックしておこう。

平塚市(ひらつかし)

平塚市(ひらつかし)
出典:湘南で子育てするなら平塚市

平塚市は神奈川県のほぼ中央、相模平野の南部に位置している。

JR東海道線を使うと東京駅から約1時間、品川駅からは約50分でアクセスでき、1日に34本、朝の通勤時に6本の始発電車が出ているため、ゆったり座って通勤・通学することも可能だ。

駅周辺には大型商業施設もあり、商店街も活気がある。また、湘南ベルマーレのホームスタジアムがある町として知っている人も多いかもしれない。

都会だが近くに美しい里山風景の広がる地域もあり、街と自然両方の魅力を兼ね揃えている。

平塚市は子育て支援が手厚く、子供の医療費が中学3年生まで無料となっている。そのほかにも子育てに関するさまざまな取り組みを実施しており、子育て世帯におすすめの移住先だ。

藤沢市(ふじさわし)

平塚市(ひらつかし)
出典:藤沢市

藤沢市は温暖な気候と自然環境に恵まれた人気の移住先だ。

東京からのアクセスも良いため、首都圏へのベッドタウンとして、また江ノ島や鵠沼海岸など多くの観光客が訪れる観光地としても人気が高い。

駅周辺には商業施設や飲食店なども多く、ある程度都会的な利便性を求める人にとって魅力的な移住先と言える。

また藤沢市は、子育て支援に力を入れている自治体でもあり、児童手当や児童扶養手当、養育者支援金、商事医療費女性制度など、子供に関する医療助成が手厚い。

茅ヶ崎市(ちがさきし)

茅ヶ崎市(ちがさきし)
出典:オンライン移住相談|茅ヶ崎市

茅ヶ崎市は湘南エリアのほぼ中央に位置しており、北には里山、南には海、市の中央には商業エリアと自然と都市機能のバランスに優れた街だ。

また、JR東海道線だけでなく、JR相模線のターミナル駅にもなっており、町田市や八王子市方面へのアクセスも良い。

イギリスの情報誌「世界のベストスモールシティ25」では、日本で唯一取り上げられ第5位にランクインするなど、世界からも住み良い街として注目を集める。

茅ヶ崎市では、移住に関する相談をオンラインで受け付けているので、気になる方はぜひ利用してみよう。

鎌倉市(かまくらし)

鎌倉市(かまくらし)
出典:鎌倉市

鎌倉市は幕府が開かれた場所ということもあり、歴史を感じられる趣ある土地だ。

歴史的建造物や海や山、個性的なカフェやレストラン、雑貨店など見所が多く、東京駅からJR横須賀線で約1時間とアクセスも良いことから、多くの観光客が足を運んでいる。

鎌倉市では移住支援を行ってはいないが、子育て世帯や高齢者、障害者などを対象に、住まい探しの相談会を開催している。そのほかにも住まいに関するサポートを提供しているので、住まいを探す際は活用してみよう。

しっかり事前準備をして憧れの湘南移住を実現しよう!

しっかり事前準備をして憧れの湘南移住を実現しよう!

海と山といった豊かな自然環境と、都市機能の便利さの両方を兼ね揃えた湘南は、移住先としても人気が高い。

さまざまなメリットのある湘南移住だが、人気の観光地ということもあり「渋滞や観光客が多い」というデメリットも存在する。

また、海が近いというのは湘南移住の大きな魅力だが、海のそばということで塩害や津波の心配はつきものだ。

湘南移住のメリット・デメリットの両方を理解したうえで移住を決断し、少しずつ憧れの湘南移住に向けて準備を進めて行こう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次