静岡移住のメリット・デメリット&補助金支援制度・おすすめ市区町村(自治体)をチェック

静岡県に移住しよう!メリット・デメリットや支援制度、おすすめ市町村をご紹介

日本のほぼ中央に位置する静岡県。東西に長い市域に、山・海・川など多くの自然に恵まれている。都心にアクセスしやすい場所にあり、プチ田舎暮らしをしたい方にも人気だ。この記事では、静岡県に移住するメリット・デメリットや支援制度、おすすめ市町村を紹介する。

目次

移住する前に知っておきたい静岡県の基本情報

移住する前に知っておきたい静岡県の基本情報

静岡県への移住を考える前に、地理や人口など基本情報を押さえることが大切。土地柄を知っていると、移住のイメージが膨らみやすくなる。静岡県の基本情報をしっかり理解していこう。

地理

静岡県は、日本のほぼ中央に位置している県。東に神奈川県、北に山梨県と長野県、西に愛知県が接し、南は太平洋に面している。東西155キロメートル、南北118キロメートルという県域で、横に長い形が特徴だ。

駿河湾や遠州灘、相模灘、山地から流れ出している天竜川や富士川など、水資源に恵まれている。富士山などの3,000メートル級の山々が東西にそびえ、緑も豊富だ。

人口

令和4年6月1日時点の人口は、男性1,791,118名、女性1,842,084名で、合計3,587,320名である。全国的には、10番目に人口が多い県だ。人口密度は全国13番目に位置しており、面積に対しても人口が多いと言えるだろう。

参考元:令和4年6月市区町別推計人口|ふじのくに

気候

静岡県は、県内のエリアによって気温に差がある。その理由は標高差だ。標高の低い沿岸部は比較的温暖だが、標高の高い中部や東部は沿岸部よりも冷涼な気候になっている。

降水量もエリアによって傾向が異なる点に注意が必要。伊豆半島の西海岸部は降水量が多く、冬には雪が積もることが多い。東部・富士山麓も降雪が多く、なかでも御殿場は雪の多い地域である。

産業

静岡県は、東京都や愛知県など首都圏、中京圏といった消費の多い地域に近い立地を生かし、さまざまな産業が盛んに行われている。製造品出荷額が2020年に全国3位を記録するなど、第二次産業に特徴がある県だ。

また、肥沃な土地や水資源を生かして、お茶づくりが積極的に行われている。

お茶といえば静岡というイメージを持つ人も多く、全国の収穫量の4割を占めるほど。浜松市では、みかんやいよかん、富士宮市では酪農や畜産など、その他の産業にも各自治体で取り組んでいる。

参考元: 2020年工業統計速報(P12)|経済産業省

静岡県に移住するメリット・魅力

静岡県に移住するメリット・魅力

静岡県に移住するメリット・魅力は、以下の通りだ。

  • 都心にアクセスしやすい
  • 夏は冷涼・冬は温暖で過ごしやすい
  • 自然に恵まれている
  • 産業が盛んで仕事を探しやすい
  • 子育てしやすい環境・サポートが整っている

思い描く移住のイメージに合うかを考えながら、メリットをチェックしていこう。

都心にアクセスしやすい

静岡県から東京駅までは、新幹線で約60分で行くことができる。行こうと思えばすぐ行くことができて、程よく距離のある立地が魅力だ。

静岡県でもショッピングやレジャーは充実しているが、都心で買い物をしたいときや最先端に触れたいときに、すぐアクセスできる。都会の喧噪から離れて生活しつつも、ときには刺激がほしいという移住者におすすめ。

夏は冷涼・冬は温暖で過ごしやすい

静岡県の気候は、夏は冷涼、冬は温暖。標高差によって地域による差はあるものの、1年中過ごしやすい気候と言えるだろう。

なかでも静岡市は、平均気温27.7℃、年間日照時間2,268時間を記録した年があり、1cm以上の雪は2001年から降っていない。

標高の高い富士山麓などは雪が多く、中心部よりも気温が下がるため、過ごしやすさを重視するなら静岡市や沿岸部などに住むのがおすすめだ。

自然に恵まれている

静岡県には、海や山、川など、豊かな自然が揃っている。富士山や駿河湾、天竜川、日本平など、自然を近くに感じられる環境で生活できる。

アウトドアやレジャーを楽しめる施設も多く、キャンプやトレッキング、マリンスポーツ、釣りなどが趣味の方にはたまらないだろう。自然に育まれた食材も豊富で、美味しいご飯を食べられるのも魅力だ。

産業が盛んで仕事を探しやすい

静岡県では、製造業に関する企業が多く、技術職や営業職などの仕事が多い。ヤマハ株式会社やスズキ株式会社など全国区の企業もあり、経験や技術があれば、希望に合った仕事を見つけやすいだろう。

ただ、求人の多くは人口の多い浜松市や静岡市に集中する傾向がある。中心部から離れると、主な産業も変わってくるため、仕事選びの目線で移住先を決めることも大切だ。

子育てしやすい環境・サポートが整っている

過ごしやすい気候や豊かな自然は、子育てに嬉しい環境と言える。気候によるストレスが少なく、身近に自然があることで、普段の遊びやアウトドア、レジャーなどで健やかな身体や心が育まれるだろう。

また、静岡市は2015年に日経BP社と日本経済新聞社が行った調査で、共働き子育てしやすい街の第1位に輝いた。

子育て支援センターの設置や医療費の助成、待機児童ゼロの達成など、子育て世帯に嬉しいサポートや体制が整っている。

参考元:静岡生活|静岡生活ガイド 子育て

静岡県への移住におけるデメリット・注意点

静岡県への移住におけるデメリット・注意点

静岡県への移住には、メリットだけではなく、デメリットや注意点もある。把握できていないと、移住後に不満やトラブルを抱えるかもしれない。

気をつけたいデメリット・注意点は、以下の通りだ。

  • 比較的雨の日が多い
  • 全国的に家賃が高い
  • 移動には車が必要なことが多い

比較的雨の日が多い

静岡県は気温は穏やかな地域が多いものの、降水量は全国的に多い県だ。梅雨の影響も受けやすく、7月頃は特に雨に悩む日が多くなるだろう。

標高の高い地域は雨が降りやすく、冬には積雪があるので、雨や雪が気になるなら避けるのがおすすめだ。

全国的に家賃が高い

1畳当たりの家賃は、平成30年住宅・土地統計調査によると、全国9番目に位置している。47都道府県平均の3,074円に対して、静岡県は2,646円だが、比較的家賃が高いと認識しておこう。

ただ、東京都や神奈川県、千葉県など平均を超えている都県に比べると、安いとも言える。都心から静岡県に移住するなら、家賃の負担が減る可能性は十分あるだろう。

参考元:平成30年住宅・土地統計調査|総務省

移動には車が必要なことが多い

静岡市や浜松市など人口が集まっている地域には、ショッピング施設や病院などがそろっているものの、中心部を離れると徒歩圏内にはない場合がある。

そのため、移住先によっては車が必須になる。通勤にかかる時間は平均59分と調査でわかっており、通勤にも車が必要になるだろう。車を購入する費用や維持費用も考慮して、移住を検討しなくてはならない。

静岡県移住の際に役立つ支援制度・サポート

静岡県移住の際に役立つ支援制度・サポート

静岡県では、移住を考えている方向けの支援制度・サポートが用意されている。費用や住まいなど、幅広い悩みに対応している。主な制度を知り、必要に応じたサポートを利用しよう。

静岡県移住・就業支援金制度

静岡県移住・就業支援金制度は、東京圏から静岡県に移住し、就業・起業した方を対象にした支援制度。条件を満たした方には、最大100万円の支援金が移住先から支給される。

単身の場合は60万円、世帯移住の場合は100万円となっている。

制度の要件や申請書類は、こちらのページを参考にしてみよう。

参考元:お知らせ|ゆとりすと静岡

テレワーク対応リフォーム補助制度

テレワーク対応リフォーム補助制度は、テレワークや2拠点生活などに合わせてリフォームを行う際に、補助金を得られる制度だ。

机の作成やスペース・個室の確保などが対象で、移住者も利用できる。移住にともなってテレワークに移行する際は、ぜひ利用を検討しよう。

参考元:令和4年度テレワーク対応リフォーム補助制度|ふじのくに

市町ごとの支援・サポート制度

静岡県としての支援はもちろん、市町単位でのサポートも行っている。住まいや就業、結婚・子育て、医療・福祉など、対応している制度は市町によってさまざま。

移住・定住情報サイト ゆとりすと静岡では、地域別に対応している制度を表にまとめている。市町ごとにどのような支援を行っているのか、一覧表ページを確認してみよう。

参考元:支援制度>一覧表で見る|ゆとりすと静岡

静岡県移住相談センター

静岡県移住相談センターは、東京と静岡に開設されている。相談員によって、静岡県内での仕事探しや暮らし方などのアドバイスを受けることが可能。

各地のパンフレットも取り揃え、移住先の情報収集に便利だ。

【東京】
住所:JR有楽町駅前 東京交通会館8階(ふるさと回帰支援センター内) 
電話番号:03-6206-3858
営業時間:10:00~18:00
定休日:月・祝

【静岡】
住所:静岡県庁西館6階(静岡県くらし・環境部企画政策課(移住・定住担当))
電話番号:054-221-2610
営業時間:9:00~17:00
定休日:土・日・祝

静岡県の移住したい市区町村(自治体)おすすめ10選

静岡県の移住したい市町村(自治体)おすすめ10選

ここでは、静岡県のおすすめ市町村(自治体)を紹介する。

  • 静岡市(しずおかし)
  • 富士宮市(ふじのみやし)
  • 浜松市(はままつし)
  • 藤枝市(ふじえだし)
  • 沼津市(ぬまづし)
  • 焼津市(やいづし)
  • 伊豆市(いずし)
  • 南伊豆町(みなみいずちょう)
  • 西伊豆町(にしいずちょう)
  • 森町(もりまち)

町の特徴や支援制度を把握し、気になる市町村をピックアップしてみよう。

参考元:“ふじのくにに住みかえる”静岡県移住相談センター|ゆとりすと静岡

静岡市(しずおかし)

静岡市(しずおかし)

出典:静岡市|ゆとりすと静岡

静岡市は、静岡県の県庁所在地。人口は約70万人で、県内では多くの人が集まる都会だ。首都圏へのアクセスは新幹線で約1時間と、近すぎず行きやすい立地になっている。

JR静岡駅から北に車で約1時間ほどの「オクシズ」といわれる地域は、大自然に囲まれている。都会派、田舎暮らし派両方の願いを叶えてくれる市である。

静岡市移住支援センターや生活体験プログラム付きお試し住宅、空き家情報バンクなど、さまざまな支援制度・サポートがそろっている。

富士宮市(ふじのみやし)

富士宮市(ふじのみやし)

出典:富士宮市|ゆとりすと静岡

富士宮市は、富士山麓に位置する町。富士山の西南麓にあり、朝霧高原の湧き水や緑など、豊かな自然に囲まれている。

田舎暮らし派やアウトドア派にぴったりで、自給自足に近い生活、登山やスポーツなどを楽しむ生活を送ることが可能。

支援制度のなかでも、子育て支援が充実している。モバイルサイト「妊娠・子育て応援ナビ」や不妊・不育症治療費助成、子ども医療費助成など、お役立ち情報の発信や子育て費用の補助など、幅広い支援が魅力だ。

浜松市(はままつし)

浜松市(はままつし)

出典:浜松市|ゆとりすと静岡

浜松市は、エリアによって特徴が異なっている。

都会暮らしを楽しめる「まちなかエリア」、産業が盛んな「田園郊外エリア」、海が身近な「海&湖エリア」、田舎暮らしに最適な「山里エリア」があり、思い思いの暮らしを実現できる。

「やってみよう」という意味がある方言「やらまいか」の精神の元、UIJターン転職や創業、就農を強力にサポート。0歳から高校生までの助成、教育の充実など、子育て世代の支援にも力を入れている。

藤枝市(ふじえだし)

藤枝市(ふじえだし)

出典:藤枝市|ゆとりすと静岡

藤枝市は、静岡県のほぼ中央に位置している。空港や高速道路など交通の利便性が高いため、移動には事欠かない。自然と都会が両方あり、ほどよい移住生活を送ることができる。

市街地から離れた地域なら自然を感じながら過ごすことができ、中心部なら車がなくても快適に生活できるのが魅力。

夫婦への支援が特徴的で、新婚生活サポート補助金や仲良し夫婦移住永住促進事業などを実施している。静岡県への夫婦移住なら、藤枝市がおすすめだ。

沼津市(ぬまづし)

沼津市(ぬまづし)

出典:沼津市|ゆとりすと静岡

沼津市は、海、山、川の3拍子がそろった自然豊かな町。恵まれた自然に囲まれ、穏やかな生活を送りやすい。休日にレジャーに出かけたり、農業に取り組んだりするなど、田舎ならではの生活を楽しめる。

支援制度は、住まいや子育てなど幅広いのが特徴。

なかでも結婚・子育て支援が充実しており、幼稚園・保育園・認定こども園などの保育料が無料、医療費助成、不妊・不育症治療費助成など、子育て世代に嬉しいサポートがそろっている。

焼津市(やいづし)

焼津市(やいづし)

出典:焼津市|ゆとりすと静岡

焼津市は、海岸線に面した町。富士山や駿河湾がすぐ近くになり、海からはさまざまな海産物が漁獲されている。

新鮮な海の幸を食べられるのは、焼津ならではの特権だ。海での釣り、海岸沿いのサイクリングなど、海好きにもたまらない環境が整っている。

静岡駅へのアクセスが良いため、普段は田舎暮らしを楽しみつつ、都会に出かけやすいのも魅力的。

0歳から高校生までの医療費が無料、子育て世帯のマイホーム取得支援など、子育て世代の支援に力を入れている。

伊豆市(いずし)

伊豆市(いずし)

出典:伊豆市|ゆとりすと静岡

伊豆半島の中央に位置し、観光地としても有名な伊豆市。山々や川、駿河湾、田園など、豊かな自然に恵まれている。

きれいな水を活用して、稲作や酒造り、ジビエ加工などが盛ん。温泉施設やキャンプ場、ハイキングコースなど自然を感じられる施設も多く、休日が楽しみになるだろう。

子育て支援に力を入れ、妊婦さんのつながりをつくる「コアラ教室」や「母親学級」など、コミュニティづくりが活発。子ども医療費全額助成、保育料の減免など、お金の面での支援も充実している。

南伊豆町(みなみいずちょう)

南伊豆町(みなみいずちょう)

出典:南伊豆町|ゆとりすと静岡

南伊豆町は、伊豆半島の最南端に位置している町。海、山、川がそばにあり、ぽかぽかとした陽気の下、のんびりしたり、レジャーを楽しんだりできる。

就農支援制度や漁業研修など、第一次産業に取り組みたい方に嬉しい環境が整っている。

支援のなかでは、お試し移住制度が特徴的。短期、中期、長期のお試し移住を提供し、希望の期間に合わせて南伊豆町の暮らしを体験できる。

西伊豆町(にしいずちょう)

西伊豆町(にしいずちょう)

出典:西伊豆町|ゆとりすと静岡

西伊豆町は、駿河湾に沈む夕陽が「日本の夕陽百選」に選ばれている夕陽のまち。伊豆半島の西海岸に面し、美味しい海の幸やレジャーを楽しめるのが魅力。

川釣りが楽しめる大沢里(おおそうり)、基本料金だけで温泉に入り放題になる「禰宜の畑(ねぎのはた)」など、地域ごとの特色もある。

高校生までの医療費無料化、認定こども園の保育料・給食費無償化を実施しているのも特徴だ。

森町(もりまち)

森町(もりまち)

出典:森町|ゆとりすと静岡

森町は、山々や清流に囲まれた静岡県西部の町。豊かな自然を生かし、お茶やとうもろこし、メロンなど特産品が育まれている。遠州の小京都とも呼ばれ、穏やかな生活を送れるだろう。

森っ子出産祝い金や「住もうよ森町新婚さん応援金」など、結婚・子育て世代への支援が豊富。医療福祉も整っており、健康寿命が長い町としても知られている。

移住先として人気が高い静岡県への移住を考えてみよう

移住先として人気が高い静岡県への移住を考えてみよう

静岡県は都会と程よい距離があり、利便性が高いながらも田舎暮らしも楽しめるのが魅力。

通勤時間が長くなったり、車が必要になったりする注意点はあるものの、過ごしやすい気候や恵まれた自然、仕事の探しやすさ、子育てのしやすさなど多くのメリットがある。

県による支援はもちろん、市町ごとのサポートも充実。気になる市町の特色や移住支援制度を確認して、静岡県への移住を検討してみよう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次