地方にちょっと出かけた際や、移住したばかりの環境の整わない時期に、共用の仕事場として使えるコワーキングスペース。同じ空間で、普段は違う仕事をしている人がときには協力してプロジェクトを実行したり、会社や自宅とは違う場所だからこそ、常識をくつがえす新しい発想が生まれる。

神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス

地方創生の聖地にある“成長するオフィス

徳島県の中部、周囲を1000m級の山々に囲まれた神山町。過疎化が進んでいたこの町は、2005年、町内全域に光ファイバー網が整備されたことにより、大きく生まれ変わった。ITベンチャー企業が次々とサテライトオフィスを構え、移住者が増加。地方創生の聖地として一躍脚光を浴びるようになったのである。

神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックスは、そんな神山町で唯一のコワーキングスペース。人や事業が集い交わることで化学反応を起こし、新たなビジネスが生まれてほしい。そんな〝成長するオフィス〟を目指し、2013年にオープン。

元は縫製工場だったという600㎡以上ある空間に、フリーアドレスのマルチスペースのほか、2つのミーティングルームを完備。メンバーになれば固定席を持つことも可能だ。現在、14社が入居し、リモートワークの拠点として活用している。

すぐ目の前には、宿泊滞在施設「WEEK神山」も。こちらに滞在しながら、昼間はコワーキングスペースで仕事をこなし、余暇はゆったりと山里の暮らしを楽しむ。リモートワークが急速に広まりつつある昨今、そんな日々を過ごしてみるのもいいのではないだろうか。

一画にある、デジタル工作機器を備えた神山メイカースペース。機器操作の講習会やワークショップなどのイベントも開催

自然あふれる環境のなかにある神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス。中央に配されたマルチスペースは、広々とした大空間で、多目的に使用可能。ミーティングルームや固定席スペースはガラス張りとなっており、開放的で明るい( ©NAMAZU)

©NAMAZU

所在地:徳島県名西郡神山町下分字地野49-1
TEL:050-2024-4385
営業時間:9:00~17:00
定休日:土・日曜、祝日
料金:1,000円/1日、500円/半日(いずれも1名、ビジター料金)
設備:Wi-Fi環境/電源/セルフカフェ※/複合機※/ロッカー※ ※いずれも有料
URL:https://www.in-kamiyama.jp/kvsoc/
※臨時休業・業務の縮小などの場合がありますので、詳細は施設にお問い合わせください。

※本記事は複住スタイルVol.1に掲載されたものをWeb用に投稿したものであり、雑誌掲載時と内容が異なる場合があります。